韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ44話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第43話 第44話 第45話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【44話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ユスタフの疑問

ユスタフはイルミニティ伯爵が奴隷を探しているのを不思議に思う。

ランは誰を探しているのか、これがランのお願いだとしたらどうして…?

単に人探しをするなら緑影も使った方が効率的だろうから、自分には知らせたくない人物なのである。

過去の縁でもある人物なのか…

そして、ユスタフは緑影に護衛をつけるように指示をするのであった。

夜明けの散歩

夜明けのこと。ユスタフが庭園を歩いていると、護衛なしで散歩しているランに出くわした。

寝付けなかったユスタフは、剣の練習でもしようかと思って外に出てきたのだ。

すると、ランは自分の身を守るためにも剣術を習いたいと言い、ユスタフに見せてもらうことにした。

演舞場に行くことになった2人。ユスタフは彼女の足元に視線を移すと、ランは裸足でいた。彼女は裸足で土を踏むのが好きなのだと言う。

ユスタフはランを抱き抱えると、優しい表情を浮かべた。そして、あとからランを追って慌ててやって来た騎士団長のブレインに、スリッパを持ってこさせるのであった。

ユスタフはランを抱きかかえたまま、もしかして誰かと会う約束でもあったのですか?と聞く。

ランはないよと答え、ユスタフをぎゅっと抱きしめると、ユスタフは無言になるのであった。

演舞場では、ユスタフが剣術の基本をランに披露した。

そこに、スリッパを持って来たブレインが到着すると、ユスタフは彼女の足についた泥を落とし始める。

急にそんなことをされ驚くラン。

そして、こんなことを誰にでもやったらダメだよ、ユスタフは意外とプレイボーイ気質があるんだねと言う。

ユスタフは誰にでもやったらただの頭のおかしい奴ですと答えた。

じゃあ私に対しては姉だからやってくれたの?普段はお姫様扱いなんてしてくれないのに?と、ランは不思議に思うのであった。

ミロ公爵の怒り

ある屋敷内で、ミロ公爵は妹の皇太子妃オリビアに対しての皇太子の態度に怒っていた。皇太子と結婚させるべきではなかったと言う。

皇太子妃はミロ家に生まれた以上、1番良いところに売られていくのが美徳ではないでしょうか?と言い返す。

売られたという言葉に、さらにミロ公爵はヒートアップした。そして、皇太子がいくら騒いだって、皇太子妃はオリビア1人であり、彼もミロ公爵家の力が必要になるはずだ。その時になれば妻の存在にどれだけ助けられることになるか気付くだろうと。

皇太子妃は心の中で、それを気付ける頭があればいいけどと、皇太子のことを嘲笑った。あのバカがどうしてラチアの当主に惚れたのかは理解できるが、ラチアの当主はあのバカに耐えられる女ではない。

ミロ公爵は話を続けた。どこから来たかもわからない女がラチアの当主なんて、帝国公爵家にふさわしくないと。そして、今は臨時の当主であるがユスタフ卿が当主になれば、あの女は皇太子の慰め物になって捨てられるだろうから、オリビアは気にする必要はないと言う。

皇太子妃はラチアの当主がうらやましいですと言うと、心の中で私には私の道があるのだと思うのであった。

身分作成の依頼

緑のアーチの屋敷でのこと。ランは皇太子からのプレゼント攻撃にうんざりしていた。そして、一緒にいたリベリーに秘密裏に身分を1つ作ってもらえないかとお願いをするのであった。

【44話】感想

←前回 今回 次回→
第43話 第44話 第45話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.