韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ43話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【43話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

1人目の訪問者

ランは先日行った最初のピクニックでリフレッシュできたが、相次いで現れた2人のせいでその効果はあまり続かなかった。

最初の訪問者はエルフのハーレッシュであった。彼は人間はどうしてこんな狭いところに住むんだろうとブツブツ文句を言いながらやって来た。

彼はランが頼んだものを持ってきてくれたのだと言う。ランはユスタフの誕生日のプレゼントに剣をハーレッシュ注文していたのだった。

エルフの木で作られた白く美しい剣。木といっても象牙のような無機質な質感がする特別なものである。

2人目の訪問者

それから1週間も経たないうちに、2番目の訪問者であるイルミニティ伯爵がやって来た。

ランは彼を部屋に招くと、さっそく茶葉について手に入れることができたか聞く。

すると、その質問には答えずに、その茶葉を探す理由を聞き返した。そして、あの茶葉に何か思い出があるのかと。

イルミニティ伯爵が今こう言って来るのは、ルミエがもう不法地下闘技場に連れてかれてしまったからなのか。

ランは彼の質問に、ある、だから早く動かなければならないと答えた。

イルミニティ伯爵が今の茶葉の状態を知っていますか?と聞くと、ランは不法に流通していると答えた。

そこまで知ってても探し出したいというランの意向がわかったイルミニティ伯爵はこう言った。

了解しました。しかし、簡単にはいかないかと思います。その茶葉を利用してお金をかなり儲けてるようですから。

ランはその茶葉には花が付いており、茶葉を手に入れるためには花も手に入れないといけないと言った。

ルミエにはたった1人の肉親である妹がおり、ランは妹のことを花で例えていた。ルミエは体の弱い妹を人質に取られ、過酷な状況から抜け出せずにいた。

しばらくして、ちゃんと面倒を見てもらえていなかった妹は死んでしまい、ルミエの主人はそれを隠して彼にさらに過酷な戦いを求めたのだ。

その後、すべての事実を知ったルミエは主人を殺し、その状況から抜け出すこととなるのだ。

イルミニティ伯爵はルミエの妹についても調べてみると言い、彼との話を終えるのであった。

解決すべき問題

1人になったランは自分に降りかかった問題について考えた。

1. 私の生存

2. 生存後の人生

3. 皇太子

4. ミロ公爵家

5. ルミエ

6. エルフ、ドワーフとの貿易

7. その他

解決しなければならない問題は山積みであった。

まず1の生存についてはユスタフと約束しているから大丈夫なはず。生存後の人生について偽の身分を1つ作っておいた方がいいと考えるラン。それについては頼りにしているゴールデンローズのリベリーに頼むことにした。

そして、皇太子とミロ公爵家について。ランは皇太子から関心を持たれているおかげで、社交界からも注目を集めており頭の痛い問題であった。皇帝に直接会って、息子のことをどうにかしてもらわないといけないのであった。

次にルミエについて。これは彼の妹を探してから考えることにしよう。

吐きそう…とランがため息をついていると、背中でもさすりましょうか?と言う声が。

突然現れたユスタフに驚いたランは、紅茶をこぼしてしまうのであった。

ドレスのシミを気にするランに、どうせこれは母の服ですし捨ててしまいましょうとユスタフは言う。

ランの着ているドレスはたしかに母の物であるが、きちんとお直ししており、なぜ彼が気づいたのか不思議に思った。

ユスタフはこう言った。

見ればわかります。色が似合っていません。姉上はもっと柔らかい色のが似合いますと。

ランはユスタフの観察力に感心するのであった。

そして、ユスタフはイルミニティ伯爵と何の話をしていたのですか?と尋ねると、彼と個人的な話をしていたじゃないですかと言う。

ランは変なことではなく、少し知りたいことがあったと答えた。そして、イルミニティ伯爵と変な悪巧みを企てていたわけじゃないよ!と言った。

ユスタフはそんなことは考えていませんでしたと答えた。

しかし、だって、ユスタフと私は…とランは言葉に詰まらせた。

立場上、ランとユスタフはお互いを脅かす関係であり、ユスタフにとってラチアがどれだけ大切なのも知っている。だからラチアの脅威になるなら、私のことも容赦なく片付けてしまうだろう。

ユスタフは個人的な話だとおっしゃるのでこれ以上は聞きませんと言い、ふぅと軽いため息をつくのであった。

緑影からの報告

夜。ユスタフは諜報機関の緑影から報告を受けていた。

イルミニティ伯爵が、人を探している。そして、その人物は奴隷競売場のようなところにいる身分の低い者であると。

【43話】感想

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ