韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【30話】ネタバレ

キイラの本音

キイラのメモ書きを見られたことがきっかけで、彼女はアラベラと2人でお茶を飲むことに。

アラベラが、どうしてこんなものを持っていいたんですか?と聞くと、キイラは戸惑いながらも正直に答えた。

そ、それは…サロンでの会話についていけないんじゃないかと思って…。

言いづらそうにゴニョニョと口にしたその言葉を聞いて、カンニングペーパーってこと!?と驚くアラベラ。

そしてキイラは思い切って、貴族令嬢たちが話す話題に慣れていないんですよ!!とはっきり言いきった。

誰かに話しかけても、何の話をしていいかわからないから…と言って恥ずかしそうにする。

ほとんどパルビス家の屋敷内でしか過ごしてこなかったキイラが、周りの令嬢たちが好む話題など知っているわけがないのだ。

しかしアラベラはまだ疑っているようだ。サロンに参加した目的が他にあるに違いないと。

結婚相手を探すなら女性中心のサロンより社交界に参加した方が良いのでは?とアラベラが問うが、友達が欲しかったんですと答えるキイラ。

そして何回か社交界に参加したがうまく人と会話できず、つまらない人だと噂が広がってはますます参加しづらくなる。

そうやって社交界で独りぼっちになるのが嫌だから、今回サロンに参加したのだと説明した。

さらに今日は本当に楽しかったですとも改めて伝えるのだった。

誤解の行方は

一連のキイラの説明に、うそだ!とアラベラは取り乱す。

以前会った時に怖い顔で自分のことを睨んできたと言うと、元々そういう目つき何ですとちょっと落ち込むキイラ。

何でこんなに純粋なの?とアラベラは驚き、さらに動揺しているようだ。

冷たい人間だと思っていたキイラがまさか人付き合いに不器用なだけの純粋な人だと知り、アラベラはただただ戸惑うのだった。

2人の話は終わり、キイラが帰った後、アラベラは脱力したように椅子に座ってぼーっとしている。

私をわざと無視しようとしたわけではなかったのね…。恥ずかしい!

彼女は自分の勘違いを恥じて顔を真っ赤にする。

そこに皇子のミカエルがやって来て、キイラとの話がどうだったかを聞いて来る。

結婚相手を探すために社交界に参加したということ、そして冷たい人間だと思っていたのは誤解であったことをアラベラは話した。

ミカエルは安心したように微笑み、これからもパルビス家の公女と仲良くねと言い残して、彼は立ち去っていくのだった。

ダフネからの招待

アラベラとの話を終えたキイラは、無事メモを返してもらえたと言ってダフネと合流する。

ダフネもメモ書きが落ちたときはヒヤッとしていたようで、安心している。

そして思い出したように、それより結婚相手探しだなんて!どうして私に何も言ってくれなかったんですか?とサロンでの話を持ち出した。

それはただの社交界に参加するための口実だから…と心の中で思うキイラだが、恥ずかしかったからと言って誤魔化す。

そしてダフネは、彼女の家門で毎年主催するパーティーがあると言い、キイラに招待状を渡してきた。

パーティーはちょっと…と思うキイラだが、キラキラした目で見てくるダフネに、とりあえず参加することにする。

またジョゼフにお世話にならなきゃと思うキイラ。

一方のダフネは、今回のパーティーで必ず運命的な愛を探すんです!お嬢様!と気合が入っているのであった。

【30話】感想

メモ書きを落としてしまうというミスから、最終的にアラベラの誤解を解くことが出来て結果オーライでした。

これから彼女とも親交を深めて行けると良いですね。

そして新たにダフネからパーティーに招待されることに。キイラの運命の人を見つけようと気合を入れていますが、一体どうなるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ