韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ32話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【32話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

突然現れた男

エレズを目の前にして、誰だっけ?と思うキイラ。彼女はまだエレズが何者かわかっていないようだ。

次の瞬間、笑うコゼットの顔と処刑される瞬間の光景、そして死から目覚めたときの感覚が彼女の頭に思い浮かぶ。

思わずキイラは倒れそうになり、とっさにジョゼフが助けに入って彼女を支える。

驚かせようと思ったわけじゃなかったのに、と戸惑っているエレズ。

ジョゼフの助けもありキイラはよろけただけで済んだようだ。

エレズはキイラから聞きたいことがあると言い、何かを感じているキイラもそれに応じる。

2人だけで話せるよう、休憩室へ向かうのだった。

時間を戻した張本人

休憩室に2人のみ。キイラは早速話を始める。

さっき”回帰者”とエレズが言ったことに関して、なぜ過去に戻ったことを知っているのかと聞くキイラ。

すると、時間を戻したのが自分だから当然だとエレズは言う。時間を戻す魔法があるのだと。

その言葉に驚くキイラ。そしてなぜそんなことをしたのか聞くと、それは逆にキイラに聞きたいとエレズは言う。

過去に戻る前の最後の記憶は何なのか?とエレズが質問すると、死刑になったことであるとキイラは答えた。

その返事にエレズは驚き頭を抱える。なんということだ…と。

あなたは本当に魔法使いですか?と疑うキイラに対し、エレズは魔法の力を使い部屋にある花を枯らせて、その力を証明するのだった。

時間を戻す魔法

時間を戻した魔法について詳しい説明を求めるキイラ。

その質問にエレズは魔法の詳細や欠点、そして彼女に話しかけた理由などを話し始める。

まずこの魔法の欠点は記憶を引き継げないこと。過去に戻る前の出来事は忘れてしまうのである。エレズ本人でさえも。

だからその魔法はエレズも使いたくないものであるはずが、それを使わなければならない状況だったのだろうと言う。ただ記憶がないから魔法を使った理由は定かではない。

そしてこの魔法を使うには2人必要で、詠唱者であるエレズと”もう1人”いるという。

その”もう1人”は記憶を持ったまま過去に戻る人を一人だけ指名できるというのだ。

”もう1人”のほうは、記憶を保持する人物に自分を指定するのが普通であり、詠唱者はその”もう1人”に目印を刻んで過去の出来事を教えてもらうことで、この魔法の弱点が埋められるわけである。

今回その”もう1人”がキイラだと思ってエレズは話しかけたわけだが、そうではなかったことにエレズは困惑しているわけである。

まだ誰だかわかっていない”もう1人”に、エレズは記憶を残す人物として指名されただけであったのだ。

2人の約束

エレズの説明に、キイラは状況を把握した。

そして会話中ずっとフランクに話すエレズに、礼儀を持ってくださいとキイラが指摘すると、彼は2人だけだからと主張する。

そのため2人だけのプライベートなときはお互い気軽な言葉づかいで話し、人目があるときは最低限礼儀を持つよう約束させるのだった。

そしてまだ名前を知らないと思って、キイラはエレズに名前を聞く。

エレズ・ショア。魔塔所属の魔法使いさ。これからよく合うと思うからよろしくね、公女様。

彼はそう言って微笑むのだった。

【32話】感想

中々ややこしい魔法でしたね。術者も記憶がなくなったり、全く別の人が記憶を保持出来たりと。

記憶を保持する人にキイラを指名した”もう一人”の人物が誰なのかは気になるところです。

既に登場している人物なのか、それともこれから出てくる人物なのか。物語を通して大きな謎になりそうですね。

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.