韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ45話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第44話 第45話 第46話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【45話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

リベリーとの取引

リベリーに秘密裏に身分を1つ作ってもらえないかとお願いをするラン。

帝国を去ることになるかもしれないから、帝国の貴族の身分でなくても良いと言う。

リベリーはこのお願いを快諾してくれた。

そして、今度は氷水晶の契約の話に。そろそろ1年の契約の終わりに近づいていたのだ。

この契約は支払った100万ベラート以上、むしろその10倍の価値があったと話すリベリー。

そして、1年の契約延長を申し出ると、今度は氷水晶の価格をもっとあげて前金1,000万ベラートでどうかと提案した。今年の氷水晶の価格を20%まで上げていく予定だと言う。

1,000万ベラートという高額な金額に驚くラン。しかし、1,000万ベラートは断ると、その代わりにゴールデンローズのトップとラチアが取引する場合は手数料を10%下げることにしましょうと話した。

その提案を聞いたリベリーは、やはりラチアの当主の座を降りたら私たちのところに来てくれませんか?破格の待遇をいたしますと、ランを誘うのであった。

皇太子の企み

皇宮では皇太子が荒れていた。社交界の噂に、ミロ公爵、そして連絡をよこさないユスタフに対してイラついていたのだ。

そして、皇太子は皇帝陛下の元に行く。

皇太子はラチア公爵家を分裂させるいい案があると言う。父も急激に力をつけたラチアの富を欲しがり、絶対に断らないだろうと皇太子は考えたのであった。

ある日、ランの元に皇室の勅書が届いた。そこには、ユスタフの宮廷出入り許可の旨が書かれていた。

ランはどうしてこんな勅書を送って来たのだろうと言うと、ユスタフはおそらくこれを送ったら姉上にとって都合が悪いと思ったのでしょうと言う。そして、それは姉上が私が殺すのではないかと心配しているのと同じ理由からだと皮肉った。

ランは心配してないよ、本当に信じていると答えると、ともかくユスタフが社交界に出入りできるようになれてうれしいと言い、今度私と一緒に行く?と誘った。

皇帝がユスタフに宮廷出入りの権利を与え、皇室舞踏会でデビューするという話はあっという間に社交界に広まるのであった。

ユスタフの社交界デビュー

皇室の野外舞踏会の日。

庭園には氷水晶でできた魔法のような美しいアイテムがたくさんあった。

ラチア公爵家の入場になり、ランとユスタフが会場入りすると、人々の注目を集めた。

皇后は彼女らを出迎えると、存分に楽しんで行きなさいと声をかけた。ユスタフにはあなたと踊りたい令嬢が多いよと言うと、ランには皇太子妃オリビアも来ていることを伝え、その場を去って行った。

皇太子妃もいるということを聞き、警戒するラン。今日のユスタフはただでさえ新調したスーツでかっこよく、しかも時期当主で莫大な富を持っているのだ。彼女が今ユスタフのことを好きになったらどうしようと心配した。

そんなことをランが考えていると、ユスタフは彼女にダンスの誘いをするのであった。

【45話】感想

←前回 今回 次回→
第44話 第45話 第46話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ