韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ55話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第54話 第55話 第56話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【55話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

昨日のラディックの言葉

その日キイラは皇女アラベラ・ディアクからティーパーティーに誘われていた。

会場へ向かう馬車の中、キイラは昨夜の父ラディックの言葉を思い返していた。

その呼称なんだけど…元々私的な場ではお父さんと呼んでいなかったか…?

キイラが父のことを”閣下”と呼ぶことに対して、そのように質問してきたのだ。

その言葉の意味は何だったのだろうかと頭を悩ませるキイラ。

”お父さん”と呼ばないのは実の親子ではないからだろうと言いたかったのだろうか。やっぱりあの人は昔も今も私を実の子として見ていないんだね。

キイラはそのように結論付け、ラディックの思いとは全く違う方向に考えが進んでしまうのだった。

それから馬車は会場に到着し、アラベラが出迎えてくれるのだった。

アラベラの出迎え

ティーパーティーの会場に到着したキイラを、アラベラが出迎えてくれる。

2人は笑顔で挨拶を交わし、そしてアラベラはコゼットのことを聞いてきた。あの方は一緒にいらっしゃらなかったのですか?と。

コゼットは体調が悪いようで部屋から出てきませんでしたとキイラは答えた。ジョアンナやジョセフへの接触に失敗して落ち込んでいるのだろうか。

アラベラはコゼットとまだ会ったことがなく、どんな顔をしているのか一度見てみたかったようだ。

今日のティーパーティーは同年代の令嬢を招待しているから気楽に楽しんで行ってとアラベラは言う。そして、今日はカンニングペーパーは使わないでねとからかってきた。

以前の集まりの時、流行についていけないキイラは色々と流行りの話題をメモしたカンニングペーパーを持って来ており、それがアラベラにバレて恥をかいてしまったことがあったのだ。

過去の恥ずかしい出来事をからかわれてキイラの顔は真っ赤になる。そんな反応を見て、からかいがいがあるねと楽しそうに微笑んだ。2人の距離は以前より縮まっているようだ。

知っている顔は

同年代の令嬢たちが集まっているとはいえ、見てみると知っている顔が誰もいない。

どうしようかとキイラがたじろいでいると、お嬢様!と後ろから突然抱き着いてくる令嬢が。ダフネだった。

ダフネは気心の知れた友達であり、彼女も参加していたようだ。

キイラもホッとした表情を浮かべ、ダフネに手を引かれて皆のいる席に参加するのだった。

しかし他の令嬢たちはキイラのことを恐れているのか、パルビス嬢がなぜここに!?とちょっと怯えている様子でもある。

そんな中、皆でカードゲームをやってみるのだった。

通りがかったエディンバラ侯爵

令嬢たちがパーティーをしている皇居の庭園内を、エディンバラ侯爵が険しい表情を浮かべて歩いている。

彼はちょうど皇帝に謁見して帰るところのようだ。

神託によってパルビス家の娘は1人しかいないとされていることから、皇帝は偽物のほうを早く始末したいと考えている。そして今のところコゼットよりもキイラのほうを疑っているのだ。

そのことを受け、一体どんな手を打てば…とエディンバラ侯爵は険しい表情で悩んでいたのである。

そんなことを考えて歩いていたところ、たまたま近くにいたキイラたち令嬢のパーティーを見かけた。

おじいさま?とキイラも彼に気づき、席を外して2人は少しだけ話をすることに。

明かされる真実

キイラは以前エディンバラ侯爵に万が一の為隠れ家を用意しておいてほしいと頼んだわけだが、彼は今になって不思議に思っていた。

頼まれた通り隠れ家を用意したというが、当時は今とは違ってそんなもの必要な状況ではなかったからだ。

そしてエディンバラ侯爵は、まさかバインベルクがどう出るかを知っていたのか?と問いかける。

するとキイラは、それより私が前に尋ねたことに答えてくださいと要求した。

彼女が以前質問したのは、ロエナ・バインベルクが本当に子供が産めない女性だったのかということ。

もし隠し事をしているのであれば協力できないとキイラはエディンバラ侯爵に詰め寄る。

するとついにエディンバラ侯爵は真実を口にした。

なんとロエナは子供を産める体だったのだと。そして実際に子供を身ごもっていたと明かすのだった。

【55話】感想

キイラは父ラディックの言葉を悪い方向にとらえてしまいました。

ラディックは純粋にお父さんと呼んで欲しかっただけですが、キイラはそう素直に受け取ることはありませんでした。まあこれまで冷たくされてきたのだから仕方ないですね。

また令嬢たちのティーパーティーの近くをたまたま通りがかったエディンバラ侯爵。偶然キイラと会って立ち話をすることになりましたが、そこでまさかの真実が明かされました。

コゼットの母親とされているロエナ。彼女は子供が産めなくて追い出されたとされていましたが、なんと子供を産める体だったのだとか。

そうなってくると、コゼットもやっぱり実の娘なのではという話になってきますよね…。

何だかどんでん返しが起こりそうな予感もしますが、これからの展開がどうなるのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第54話 第55話 第56話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ