韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ54話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第53話 第54話 第55話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【54話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

皇帝からの手紙

キイラの父ラディックは一人バルコニーで過ごしており、皇帝からの届いた手紙に目を通していた。

その内容によると、諸国民のために今回は皇室が介入せざるを得ないと書かれている。コゼットが現れたことにより娘が2人になった件についてだ。

神託によるとパルビス家には娘は1人しか生まれないはず。

災いになり得るもう1人はこの帝国のためにその存在を消さなければいけないのだと。

その手紙を読んでラディックは頭を抱えていた。

そんな彼のもとに、突然キイラが訪ねてくるのだった。

団長職について

父ラディックのいるバルコニーにやって来たキイラ。

騎士団の団長職について話があると言う。バインベルク伯爵からの抗議を受けたうえで、自分はその座を退くつもりはないと彼女ははっきり話した。

キイラの主張をラディックもすんなりと受け入れる。

今回の件はラディックのほうからバインベルク伯爵にしっかり警告しておくと。

その答えはキイラの予想していた通りであった。

過去にもラディックは、政治的にパルビス家を利用しようとしたバインベルク伯爵を突き放したことがあった。もはやラディックが慈悲を施すような相手ではないのである。

キイラは前世では自ら団長職を退いたわけだが、そのような選択をしなければ過去にも団長職を失うことはなかったのだろうと彼女は感じた。

その話だけ終えたキイラはさっさとバルコニーをあとにしようとする。

そんな彼女を、ちょっと待って…とラディックは呼び止めるのだった。

ラディックの望み

バルコニーをあとにしようとするキイラを呼び止めるラディック。

何でしょうか?と立ち止まるキイラだが、なぜだかラディックは黙ったまま。しばらく沈黙が続く。

仰ってください。閣下。

そのようにキイラが言うと、その呼称なんだけど…元々私的な場ではお父さんと呼んでいなかったか…?とラディックは言う。

今日の会話の中でもキイラは父のことをずっと”閣下”と呼んでいた。

その言葉を聞いてキイラは困惑する。”閣下”と呼ぶようにしたのは、父が父らしくないからだ。

前世でコゼットが現れたときに父はただ傍観するだけであり、そして死刑台から見た父の顔はとても忘れられるものではない。

そう思いグッと拳を握るキイラ。

そしてキイラは憤りと呆れた感情が入り混じったような表情でこう言い放った。

閣下はそのようなことを気にする方でしたか。家族の和睦より家門を重視すると思っていましたが。

彼女のその言葉にラディックは悲しそうな表情を浮かべ、そうだな…今のはなかったことにしてくれ…と呟くのだった。

お互いの感情

悲しそうな父の表情にキイラは困惑する。

そしてラディックの指示でキイラは執事のロバートに部屋まで送ってもらうことに。

部屋に戻るとき、キイラはさっき父が浮かべた表情が気になった。

その表情な何…?なんであなたがそんな顔をするの…?

彼女はそう思い、釈然としない感情に襲われるのだった。

一方バルコニーに一人残されたラディックは考えていた。

娘の言葉は何一つ間違ってなどいない。

その言葉通り、ラディックは今まで家門の為だけに生きてきた。先代がそうであったように、家門の為なら家族への優しさなどは簡単に捨ててきたのだ。

これまでキイラに優しい言葉をかけてあげたことなど一度もないのに、今になって”お父さん”と呼んでもらいたいなど滑稽極まりない。

ラディックはそう思い、自分自身に呆れているのだった。

【54話】感想

娘が2人になっていることについて、皇帝からも圧力をかけられてしまいましたね。どちらにしても精霊士の力が発現しない限り実の娘であることを証明できないわけですが、ラディックはどうするのでしょうかね。

また今回の話ではラディックの想いが久しぶりに見えました。キイラにお父さんと呼ばれたいという。

しかしそんな父の望みにキイラは怒りのような呆れのような表情を見せていました。前世で自分を見殺しにしたわけですから当然の感情でしょう。

この親子関係がどうなっていくのか、今後注目していきたいです。

←前回 今回 次回→
第53話 第54話 第55話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ