韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ29話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【29話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

誰も彼のことを知らない

キアン・オスヴァルト。

彼がどれだけすごい人物かは帝国中が知っていたが、どんな顔をしているのか誰も知ることはなく、直接会ったという人は数えるほどしかいなかった。

それだけ彼は自分のことを徹底的に隠した人物だったのだ。

それはあまりに秀でた才能に身の危険を感じたためかとも思われたが、本当の理由は単純に人が嫌いなだけだという。

そのため彼のことを社交性に乏しい性格なのかと思っていたシルビアだが、目の前の彼は全くそんなことはなかった。

キアンは、僕と友達になってください!と言って彼女に手を差し出しているではないか。

あなた人が嫌いじゃなかったの?と思い、シルビアは戸惑うのだった。

シルビアと友達になりたい理由

キアンはシルビアに友達になってほしいと申し出た理由を話し始めた。

彼はこれまで友達がいたことが一度もないのだと言う。いつも一人だったのだと。

友達と言うのは会話が通じてこそ成立する関係だが、彼の周囲では彼と同じレベルで会話が出来る人がいなかったという。

幼い頃は自分の言うことを周りの人たちに理解してもらえず息苦しい思いをしていた。

それは田舎の人たちが学びがないからだと思い、だからこそ中央アカデミーに行けば同等のレベルで会話できる人たちに出会えると期待していたのだ。

しかしカンニングをするような男と遭遇し、帝国の秀才たちが集まる場所でもこの程度かと絶望したようだ。

そんな中シルビアのことを見つけ、キアンの考えが変わったのだという。

マナの力を使い、試験も難なく解くシルビアの姿を見て、この人ならスムーズな会話が出来ると確信したというのだ。

そんな思いがあって、シルビアと友達になりたいということをキアンは説明するのだった。

シルビアの提案

初対面ということもあり、キアンの突然の申し出に少し困惑したシルビアだったが、2人とも入学したらゆっくり仲良くなったらどうでしょうか?と提案した。

アカデミーの同期として仲良くなっていきたいと。

するとキアンは満面の笑みを浮かべ、それは良いですね!と嬉しそうにする。

明日の一次試験の結果発表会場でお会いしましょうと言って、2人は別れるのだった。

キアンと別れた後、シルビアは彼のことを考えていた。

彼はきっと自分を理解してくれない寂しい世の中で、心を開ける相手が現れるのを待っていたのではないか。

彼女はキアンのことをそのように感じるのだった。

試験結果の発表

一次試験の結果発表の日。

会場に到着したシルビアたちだが、ベルはまるで自分のことのように緊張している。

一方のテーヴは、俺は心配していないと口にした。当然合格だからと。彼はシルビアなら受かると信じているようだ。

それじゃあ張り出されている受験番号を見てみようかと思った時、シルビアの前にエバディンが現れる。

相変わらず彼女はシルビアに突っかかって来て、試験を諦めたかと思ったわなどと馬鹿にするような言葉をかけてきた。

そしてシルビアの受験証に書いてある受験番号13201番を見て、そんな番号掲示板になかったわよなどと言ってくるではないか。

シルビアは、自分で確認するわよと呆れた様子で相手にしていないようだ。

すると13201番は合格だ!と横から言ってくる者が。キアンである。

キアンが、シルビアを侮辱するエバディンのことを冷めた視線で見ると、合格者名簿になかったわよ!などとエバディンは声を張り上げる。

そんなエバディンに対して、君は目が悪そうだから眼鏡をかけたほうが良いねとキアンは冷静に言い、合格者が張り出されている掲示板を指さした。

よく見ろ!と言ってキアンが指さす先には、シルビアの受験番号13201。彼女は首席合格であった。

【29話】感想

まさかシルビアが首席合格とは。ちょっと想像以上の展開だと思いました。

シルビアの兄であるダニエルが首席入学首席卒業で中央アカデミーの伝説的な存在ということでしたが、もしかしたらシルビアも彼の後に続けるのではと期待してしまいますね。

きっとエバディンは悔しがるでしょう。スカッとしますね。笑

今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ