韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【30話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

首席合格

アカデミー入学試験の一次試験の結果を確認してみると、何とシルビアは首席合格であった。

シルビアは信じられないという表情を浮かべるが、間違いなく彼女が一番だ。

本人はもちろんベルもテーヴも大喜びで、キアンも優しく微笑んでいる。

一方エバディンはシルビアの首席に苛立っているが、それよりも彼女自身は試験に落ちていた。

後に聞いた話によると、以前シルビアに恥をかかされて外にも出れず一生懸命勉強した結果、100点満点中11点取ることが出来たのだという。

シルビアの記憶の中のエバディンよりは、少し点が伸びたのだった。

人助け

2次試験会場に向かっている途中、シルビアは困っている赤髪の女の人に遭遇する。

その人は剣術学部の2次試験会場の場所が分からず困っていたようだ。

家族にも期待しているのに試験も受けられずに帰るわけにはいかないと一人で呟き、困り果てている様子である。

剣術学部の試験会場はこことは正反対の場所にあり、見過ごせないシルビアは、彼女を連れて行ってあげるのだった。

無事に試験会場に着くと、私の命の恩人です!とその人はシルビアに感謝してくる。また会えたら必ず恩を返しますと。

シルビアも元気を取り戻した彼女を見て安心し、2人はお互いの健闘を祈って別れるのだった。

見覚えのある試験官

シルビアが自分の試験会場に到着すると、試験官が見覚えのある人であった。

魔塔所属で将来有望な若き魔法使いサントだ。

前のシルビアが試験を受けたときも彼女が試験官であり、アカデミーでたまに講義をしに来ていた人でもある。

その時のシルビアは傲慢であり、試験場の椅子が安っぽいとわがままを言って、サントに怒られた記憶がある。

当時の私がごめんなさい…とシルビアは思うのだった。

二次試験の開始

サントの挨拶で二次試験が始まる。

試験内容はマナ測定器という魔道具を使って、一人ひとりマナの量を測るというもの。

測定器には水晶玉のようなものが乗っており、そこに手をかざしてマナを流し込むと、その量によって水晶玉の色が変わるというのだ。

青から緑へ、緑から黄色へ、というように色が変化していく。青色に近いほどマナの量が少なく、赤色に近いほどマナの量が多いという。

一人の受験生が、赤色が限界なんですか?と質問すると、サントは質問に答えた。

マナ測定器は30年前に大魔法使いエラムが作ったものだが、エラムほどの大魔法使いでやっと赤色を見ることが可能なのだと。もしそれ以上なら、一度も壊れたことのない測定器が壊れるかもしれないと説明する。

つまい赤色以上はありえないということだ。これまでの試験で一度もオレンジ色以上が現れたことすらない。

そんな説明を終えて、いよいよ試験が始まる。順番は一次試験の成績順と言うことで、主席のシルビアの名前が呼ばれた。

私は何色が出るんだろう?と思い彼女がマナ測定器に手をかざすと、シルビアは体中のマナが揺れ動く感覚を覚え、測定器がみるみるうちに赤くなっていく。

ただならぬ雰囲気とオーラが周囲を包み、ついには水晶玉にバリンとヒビが入ると、シルビアの目の前に見たことない化け物が現れるのだった。

【30話】感想

二次試験の会場に向かう途中に出会った赤髪の女の人が誰なのか気になりますね。結局名前を名乗ることもありませんでした。

今回はただ試験会場に連れて行くだけで終わりましたが、きっとこの後シルビアと関わっていく人になりそうな気がします。

シルビアがマナ測定器に手をかざすと、測定器が限界を超えてしまったようですが、この後一体どうなるのでしょうか。

今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ