韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ50話】お父さん、私この結婚イヤです!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「お父さん、私この結婚イヤです!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第49話 第50話 第51話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「お父さん、私この結婚イヤです!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【50話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

しばらく会えない

自分自身を信じて!というマクスミリアンの言葉に、ジュベリアンは少し驚いた。慰めることもできるのね…と。

そして微笑んでいる彼の顔を見て、いつもとは違う印象に感じ、彼女は頬を赤らめる。

それからマクスミリアンは、これからしばらく会えそうにないと言い出した。

まさか別れるつもり…?と焦るジュベリアンだが、どうやらマクスミリアンは久しぶりにやることがあるのだと。

そして彼は、ジュベリアンが涙を拭くために持っていたハンカチをパッと取ってグイっと顔を近づけ、僕がいない間に他の男に目移りしてはいけないぞと言う。契約内容は忘れていないだろう?と。

そう言い残してマクスミリアンはその場を後にした。

ジュベリアンはハンカチをそのまま持って行かれたことに気づいたが、窓から飛び出した彼の姿はもう見えず。

そしてなぜだか彼としばらく会えないことが残念だと感じた。

今日一緒にデザートを食べようと思っていたジュベリアンだったが、なぜかいきなり食欲がなくなり、ボーっとするのだった。

寂しさの理由

ジュベリアンはベロニカと一緒に神殿を訪れていた。

相変わらずボーっとしがちなジュベリアンに、今日は思い詰めてはいけませんよと言うベロニカ。

ティーパーティーの正式メンバーに認められてから2カ月が経った。その間に4回ティーパーティーが開催され、メンバーの令嬢たちとも随分親しくなった。その中の一人がベロニカのようだ。

しかしジュベリアンは、いくら親しい人たちと一緒にいてもなぜだか寂しさを感じる。

このごろめっきりと変わった父と話がしたかったのに、今日も急いでどこかへ外出してしまったからか。それともマックスが連絡を一本もくれないからだろうか。

その寂しさの理由をジュベリアンは考えていた。

前世にはなかった出来事

神殿を訪れた人たちの中に、隣国のラゴンが宣戦布告をしたらしいよと話している人がいた。

その話が聞こえてきたジュベリアンは、前世でも行われたその戦争の結果を知っていた。

レノックス辺境伯が兵を率いるが失敗に終わってしまう。その後ラゴンからアシェット帝国を救うのは、皇帝から命を受けた父フロエン公爵。

父が帝国に平和と大勝をもたらすのだ。

そのように確信していたジュベリアンだが、一緒にいるベロニカが思わぬことを言う。

なんとその戦争は皇太子のおかげで大勝したのだと。すでに戦争は勝利で終わっていると言うのだ。その話はローズマリーから聞いたもので間違いないとベロニカは言う。

どうやら皇太子とレノックス辺境伯が2カ月前から備えており、皇太子が敵の大将の首を取って勝利に導いたのだと。

さらには1か月後には貴族の参加が義務である戦勝パーティーが開かれるという。

予想外の話にジュベリアンは困惑した。それは彼女が知っている未来とは違う

前世で起こったことを振り返ると、約2か月後に皇女の成人式で無礼を働き、皇女から頬を叩かれる予定である。

それで皇女の成人式だけ気を付ければいいと考えていたジュベリアンだが、彼女が想像していなかった突然の皇太子の活躍に加え、予定になかったパーティーが開かれるというのだ。

私大丈夫なのかな…?と彼女は不安になるのだった。

決心したフロエン公爵

とある夜の市場。

フロエン公爵はある男のもとを訪れた。それは古くから知っている関係の魔法使いの男だ。

深々とフードを被ったフロエン公爵がフードを脱ぐとそれは別人の顔。

その顔…相変わらずだな…と魔法使いの男が言うと、フロエン公爵はサッと変装を取った。

フロエン公爵は必要な物があってここに来たのだと言い、軽く雑談から入る。

お前の弟子の活躍でラゴンとの戦争に勝利したそうだなと魔法使いの男が言うと、僕が育てたから当たり前だとフロエン公爵は答える。

君は今も死にたいと思うのか?とふとその男が聞いた。というのも、妻アメリアを亡くしてから、フロエン公爵は口癖のようにそう言っていたのだと。

その質問に対し、死ぬことはできないよとフロエン公爵は答える。娘に一人にはしないと約束したからと。

その言葉に、それならついに決心したのか!?とその男は驚いているようである。

キルケの指輪について前に頼んだことを調べてくれ!

フロエン公爵は何かを心に決めたような表情で、そのように言うのだった。

【50話】感想

なぜだか寂しさを感じているジュベリアンですが、その理由は父とゆっくり話が出来ないことなのか、それともマクスミリアンとしばらく会えないからなのか。

本人はあんまり分かっていないようですが、きっと彼女にとってはどちらも特別な存在なのでしょうね。父は家族なので当然特別ですが、マクスミリアンの存在も彼女自身が思っているより大きいのかもしれません。

前世から変わった未来ですが、前世ではマクスミリアンの活躍はなかったようです。ジュベリアンに会ってからマクスミリアンは変わったので、戦争に出向くという意思決定に影響を及ぼしたのでは…?そう考えたら結局はジュベリアンの存在が未来を変えてしまったとも言えますね。真相はどうでしょうか。

そして最後にフロエン公爵が調べて欲しいと言っていた指輪。それはきっと皇帝の指輪のことでしょう。皇帝の身に着けている指輪の影響で、いつもフロエン公爵が言いなりになっている描写があります。

これ以上皇帝に言いなりにならないために、フロエン公爵が動き出したのかもしれません。これからの展開が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第49話 第50話 第51話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ