韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ9話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【9話】ネタバレ

呆れ笑い

ヒリスは異能の力で部屋の壁を破壊し、リカルドも頬にかすり傷を負って少し血を流している。

本当にガブリエルのことを攻撃したと言うなら、彼女にもこれくらい血が流れてもおかしくないんじゃないかというヒリスの主張だ。

それに対しリカルドは戸惑った表情で、お前は俺を傷つけても何とも思わないのか!?などと叫ぶではないか。

その言葉にヒリスは呆れた表情でフッと笑った。当然リカルドにはその笑いの意味を理解することはできないようだ。

そんな兄を放置したまま、部屋が壊れてしまったため他の部屋を用意するようにとヒリスはメイに命じる。一番眺めのいい4階の部屋を用意するとメイは答えるのだった。

ガブリエルのわがまま

ヒリスが4階の部屋に移って来たという話はガブリエルにもすぐ伝えられた。その階は彼女が過ごしている部屋があるフロアだ。どうして私のいるフロアに!と不満げである。

彼女の異能により部屋が破壊されたこと、そして彼女の攻撃でリカルドが怪我したことをメイドは説明し、ガブリエルは青ざめている。

そんなとき、バンッ!と部屋の外から何か音が聞こえてきた。

ガブリエルが急いで部屋の外に出てみると、そこには異能で作られた壁と父ディエゴがいた。

どうやらヒリスを閉じ込めるため廊下を塞いだようだ。リカルドまで怪我させ、これ以上好き勝手やらせるわけにはいかないと。

するとガブリエルは突然、アッ!と言い出す。塞がれた向こうの部屋には買ったばかりのドレスがあるのだと。今度のカリキア家の舞踏会に着ていこうと思っているのだと言う。

ヒリスがドレスをめちゃくちゃにしたらどうするんですか!?などと騒ぎ立てるガブリエル。

そんなことで壁をなくせと言わんばかりの彼女に、さすがにディエゴも呆れたようだ。

リカルドが怪我までしたというのにお前ときたら…とディエゴが言いかけると、それくらい手当てをすれば治るじゃありませんか!とガブリエルはまるで気に留める様子はない。

そんなわがままなガブリエルに、いい加減にせんか!とさすがのディエゴも怒った。

そもそも部外者のクリスティアン・パルベノンを屋敷内に勝手に入れたのもガブリエルのわがままからである。

これ以上つべこべ言うな!と言い残して、ディエゴは立ち去って行った。そしてカリキア家の舞踏会に行かせるつもりはないとも。

そんな父の対応に、ガブリエルは戸惑っている。ウソでしょ…この私が…と。自分が父に叱られるなどあり得ないと思っていたようで、一人泣き出すのだった。

閉じ込められたヒリスとメイ

一方ヒリスとメイは、ディエゴの異能により屋敷内の一か所に閉じ込められていた。

廊下と窓が塞がれ、そこよりも外に出ることは出来なくなっている。

動揺しているメイに対し、ヒリスは無表情で冷静なまま。

カリキア家の舞踏会が開かれるのはいつかしら?と聞くと、3日後ですとメイは答える。

それだけ聞いて部屋に戻ろうとするヒリス。一応閉じ込められた範囲内にも、適当に使えそうな空き部屋があるようだ。

あなたも帰りなさいと言い残してヒリスは立ち去って行く。

こんな状況なのにお嬢様は平気なのかしら…?とメイは戸惑っているのだった。

【9話】感想

俺を傷つけても何とも思わないのか?はさすがに…。どの口が言っているんですかね。本当に呆れるしかないです。

普段は全然家族として扱うことがないくせに、都合のいい時だけ家族面するのは腹が立ちます。自分勝手すぎる。

そして今回のガブリエルは想像以上のヤバさでした。自分のことを溺愛しているリカルドが怪我したと聞いても、それくらい手当てすれば…と自分のドレスのことばかり気にしています。なんというわがまま。

閉じ込められてしまったヒリスですが、これからどうするのでしょうかね。続きが気になります。

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ