韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ31話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第30話 第31話 第32話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【31話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

消えた聖杯

ヒリスの元には、イノアデン家の祝宴で使う聖杯が消えたという報告が入った。

その聖杯とは、かつて王がイノアデン家に直接下賜したものであり、新たな当主の祝宴で使用される杯でもある。

そのためイノアデンはそれを家宝として金庫の中で保管し、徹底的に管理にしてきたのだ。

ヒリスにとっては聖杯のことなど正直どうでもよかったが、一応詳しく話を聞いてみる。

執事の者曰く、金庫に空けることが出来るのは当主のヒリス以外に、ディエゴ、リカルド、そして執事だけだと言う。執事からディエゴに確認したところ知らないという回答があり、リカルドは外出中なのだと。

その話を聞いたヒリスは、こんなことをする人は明らかだと思いながら、真っ先にディエゴの部屋に向かった。

ノックすることもなく部屋に入るヒリスに対し、誰の部屋だと思ってるんだ!とディエゴは怒鳴ってくる。

しかしヒリスはそんな言葉に耳も傾けず、躊躇なく本棚のところへ行く。

そして何気なく置いてある置物をクイっと傾けると、ガラガラと本棚が動き、隠し部屋が現れるのだった。

隠し部屋

お前がなぜその部屋の存在を…!?とディエゴは唖然としている。彼がヒリスに教えたことなど一度もない。

そしてヒリスがその隠し部屋に入ると、やはり思った通りそこには聖杯が隠されていた。

お父様がこんな幼稚なことを。まさかこの程度のことで祝宴が中止されると思ったのですか?

そう言って呆れているヒリスだが、その聖杯はお前のものじゃない!とディエゴは憤慨して声を荒らげた。

しかしヒリスは毅然としたまま、イノアデンの全ては私のものですよとすれ違いざまに言う。彼が後継者にしたがっているリカルドの居場所はもうなくなりつつあるとも。

そういう言葉を残してヒリスは部屋をあとにし、ディエゴは何も言い返せずに立ち尽くしているのだった。

聖杯から感じる異能

ヒリスは、ディエゴから取り戻した聖杯をまじまじと見ていた。

それは前世では、リカルドが覚醒したという偽りの公表をした祝宴で見たもの。

その時には気が付かなかったが、今近くで見てみるとその聖杯からはわずかな異能の流れが感じられる。

王が直接下賜したものということで、異能が宿ているのだろうかとも考えた。

そして試しにヒリスは自分の異能を流し込んでみたが、何も起きることはなかった。

そんなことをしていると、彼女のもとにノートン・ペラノとその息子がやって来るのだった。

ノートンの報告

ヒリスのもとにやって来たノートン・ペラノ。彼はイノアデン傘下のペラノ家当主で、ヒリスが代理人に任命した者だ。

どうやら昨日の定例会の結果を報告しに来たのだと。

そしてノートンに同行しているのは、彼の息子のエンリケ・ペラノである。ヒリスとは初対面であり、彼は笑顔で挨拶をした。

今後ノートンが報告しに来れないときはエンリケが代わりに来ると言う。

そこまでして報告は不要だとヒリスは答え、緊急の時だけそのようにすることに。

そんな話をしていると、ふとエンリケが口を開いた。

あの、ヒリス様…。僭越ながら、もしかして先ほど神聖な力を使われましたか?

エンリケはなぜだか頬を赤らめて、恐る恐るそう言うのだった。

【31話】感想

聖杯を隠していたのがディエゴとか、予想通り過ぎます!笑

どうしてもヒリスが当主になることを認めたくないようですが、いつまでそうするつもりなのでしょうか。ヒリスからしたらいちいち面倒くさいでしょうね。

ヒリスは聖杯に流れるわずかな異能を気にしていましたが、何かがありそうな予感。聖杯に何か特別な力が宿っていそうな気がします。

最後に報告にやって来たノートンですが、息子のエンリケを連れてきました。彼はなぜか頬を赤らめていましたが、一体何があったのか気になりますね。

←前回 今回 次回→
第30話 第31話 第32話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ