韓国漫画ネタバレ

【16話】接近不可レディーのネタバレを含む感想と考察!

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」の感想と考察になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話まとめ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【16話】感想と考察(一部ネタバレを含む)

管理人が作品を読んだ感想と考察になります。

真実の目を持つ者同士

ヒリスに会いたがっているマゴに、テルゾは彼女の元へ連れて行くと言いますが、マゴはテルゾのことを怖いと思ったよう。

というのも彼の本心が見えなくて不気味に思ったようで。

前回もそのような描写がありましたが、カリキア家の人間は真実の目で本当か嘘か見極めることができ、カリキア家同士では心が読めないみたいですね。

ビオレッタもまたテルゾが何か企んでいるのではと疑っていますが、心を読むことができず。

そういう意味でいうとカリキア家の人間はお互いに疑り深くなりそうですね…。

アクシオンも信頼できる!

テルゾだけでは信頼ならないということで、ビオレッタはアクシオンにも同行を頼んでいました。

アクシオンは快く承諾し、皆でイノアデン家へ向かうことに。

やはりビオレッタはアクシオンのことをすごく信頼していそうです。彼はいかにも誠実な感じがしますからね!

それにアクシオンはマゴに対し、何があっても守ると約束し、マゴは安心していました。

マゴの真実の目には、アクシオンの言葉が本当であるとわかったようです。

今のところマゴにとって、ヒリスとアクシオンはすごく信用できる人なのでしょう!

これからイノアデン家を訪れてどのような展開になるのか楽しみです。

令嬢たちのお茶会

とある令嬢たちのお茶会の場面が。

参加者はカリキア傘下であるモンタナ家のコーデリア・モンタナや、パルベノン傘下であるアメリエ家のへリオナ・アメリエという令嬢たち。

4大家門には傘下にまた別の家門が入っているのですね。そうなるとこれからも多くの家門が登場しそうな予感。家門ごとに敵味方などの勢力図も出てくると面白そうです。

そのお茶会では先日のカリキア家のパーティーのことが噂されているようで、ヒリスの話題で盛り上がっているみたいです。

マゴを救って異能の力で突然会場に現れるというド派手なパフォーマンスでしたから、ヒリスはもう有名人でしょうね。笑

そしてそんなお茶会の場に突然花びらが舞って突風が吹き、ヒリスが現れました!

異能の力でどこにでも現れますね!笑

ヒリスはなぜ令嬢たちのお茶会の場所に急に現れたのでしょうか?続きが気になるところです。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話まとめ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ