韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【16話】ネタバレ

真実の目

ヒリスに会いたがっているマゴのことを、自分が彼女のもとに連れて行くと言い出すテルゾ。

テルゾもまたマゴから見て本心が分からない相手であり、怖いと感じた。

すると、勝手な真似しないで!とテルゾに強く当たるビオレッタ。彼女はテルゾのことを信用していないようだ。

一体何を企んでいるかしら…とビオレッタは思う。お互い真実の目を持っているから心が読めないのである。

真実の目とは外部には知られていないカリキア家の人間だけに受け継がれる力。人の言葉が真実か嘘かを見極めることが出来るのだ。

どうしてもテルゾに任せたくないビオレッタは、アクシオンも一緒に連れて行こうと言う。

その言葉に一瞬唖然とするテルゾ。それからため息をつき、結局またアクシオン・ベルゼットか…と。君らしいねとビオレッタに対して言う。

そんなテルゾに対し、長老たちに言いなりのあなたよりベルゼット家当主のほうが信頼できるわときっぱり言うビオレッタ。

好きにしろ…と言い、テルゾはうつむくのだった。

マゴから見たアクシオンは

アクシオンがやって来ると、ビオレッタとテルゾは険悪なムードになっており、そしてマゴは怯えている。

その様子を見てアクシオンは大体の状況を察した。

ビオレッタの提案を受け入れ、アクシオンも一緒にイノアデン家に行くことに。

そしてアクシオンは怯えているマゴに対し、きっと不安だろうがどんな状況下でも君を守ると約束しよう!と声をかける。

マゴの真実の目は、その言葉が本当であることが分かった。それはヒリスのときと同じ本心である。

この人なら信じても大丈夫!と思ったマゴは、自ら手を伸ばし、アクシオンに抱っこしてもらう。

それから彼らはイノアデンに向かうことにするのだった。

令嬢たちのお茶会

とある令嬢たちのお茶会。そこでは先日のカリキア家のパーティーでのことが噂されていた。

そこではカリキア傘下であるモンタナ家のコーデリア・モンタナや、パルベノン傘下であるアメリエ家のへリオナ・アメリエなど、4人の令嬢が噂話で盛り上がっていた。

消えたとされていたカリキア家の異能を持つ後継ぎが突然現れたこと。またイノアデンの後継者がリカルドではなくヒリスだったこと。

世間に衝撃を与えたその舞踏会でのことを話題にしているのだ。

実際に舞踏会に参加していたへリオナは、舞踏会に現われたヒリスの様子が以前の控えめな感じではなかったことなどを話していた。

すると、そんなところにヒラリと花びら落ちたかと思うと、次の瞬間突然突風が吹き、ブワッと花びらが舞い上がる。

一体何事ですか?と令嬢たちは戸惑っていると、お茶会をやっている店内にヒリスが現れたではないか。

ヒリスさん!?と令嬢たちは驚くのだった。

【16話】感想

ビオレッタとテルゾは相変わらず仲が悪そうです。長老たちの言いなりと言っていましたが、きっとカリキア家の中でも色々敵対関係だったり勢力図があるのでしょうね。

そして結局アクシオンを頼ることに。マゴの目から見ると彼もまたヒリスと同じように本心で言葉を話している人のようです。やっぱり彼は悪い人ではなさそうですね。

それから突然令嬢たちがお茶会をやっている店内に突然現われたヒリス。一体何が起こるのか全く展開が読めませんね。続きが楽しみです!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ