韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ17話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【17話】ネタバレ

服を買うため

令嬢たちがお茶会を開いているお店に、異能の力で突然姿を現したヒリス。

そこはお茶を飲むスペースもある衣服店だったようで、外出着が欲しかったヒリスが誤って店内に現われてしまったようだ。本来は店の外に現われて歩いて店内に入るつもりが、位置設定を間違えたようである。

店内の壊してしまったものは弁償すると言い、そしてカタログに載っている全てのドレスを仕立ててイノアデン家まで送るようにと注文した。

想定外の注文に店員は戸惑う。

ヒリスは一着だけはサイズ調整して明日の正午までに送るようにと指示し、あとはゆっくりでいいと言う。弁償代もあれば一緒にイノアデン家に請求してと言い残し、彼女は店を出て行った。

まさかの大口注文に店員は歓喜するのだった。

それからそのやり取りを聞いていたお茶会の令嬢たちは驚いている。本当にあのヒリスさん…?と。以前とはまるで別人だからだ。

そして一人の令嬢が、いい香りですね…と言う。これもイノアデンの覚醒の特徴なのかしら…と言うのだった。

王の宮殿

衣服を注文し終わった後、ヒリスは王の宮殿を訪れた。

そこは半神であった初代王のための場所であり、神聖な力が流れるところでもある。

現在は4大家門とその傘下の52の貴族家が権力を分け合っているが、かつては1人の王がこの地を全て支配していた。

とある理由で半神と呼ばれた王は死んでしまい、この王の宮殿の真の主は不在のままである。

現在は異能の力で保護されていて、この宮殿には99の扉が存在する。それぞれの扉は別々の空間へつながっており、各家門の者は必要に応じてそれを使用するのだ。

国務の議論は大会議室のある1番目の扉、休息には美しい散歩道のある2番目の扉、盛大なパーティーの際は華やかな会場のある3番目の扉といった具合である。

そしてヒリスがよく知っている44番目の扉。それは彼女が閉じ込められていた地下監獄だ。

そんな過去のことを思い出しながらヒリスは歩を進めるのだった。

99番目の扉

王の宮殿の中を進んで行くヒリス。

最後にある99番目の扉がつながる先は”四季の森”。4大家門の当主のみが立ち入りを許されるという最も特別で神聖な場所だ。

彼女はその扉に触れてみるがバチっと拒絶されてしまう。やはり当主の印があるだけではダメなようだ。

それから彼女はもう一つダメ元の試みとして、カリキアの血でできた宝石を取り出して扉の前に置いた。その宝石には異能を無効化する力があるためである。

しかしやはり扉が開くことはなく。人相手にしか効果がないようだ。

本来の計画はカリキアの当主に一緒に来てもらうということ。そのためにマゴを助けたのである。

やはり元々の計画通りに進めるしかないようねとヒリスは思うのだった。

単刀直入な一言

ヒリスが王の宮殿に一人でいると、そこにはクリスティアン・パルベノンが現れた。

今日はパルベノン傘下の家門のみが集まる日。

そのため他の家門であるヒリスがいることに、クリスティアンは驚いているようだ。

薄着でパジャマ姿のヒリスに対し、それでは寒いですよとクリスティアンは上着を肩にかけてあげる。

それから、赤い髪が良くお似合いですなどと優しい言葉をかけてくるクリスティアンだが、ヒリスはかけてもらった上着をパシッと払い落し、時間の無駄よ!と冷たい言葉を言い放った。

私とあなたが結ばれることはないのだから!

ヒリスは単刀直入にハッキリとそう言い放つのだった。

【17話】感想

カタログに載っている全てのドレスを注文するとは、ヒリスの買い物が豪快すぎましたね。

そしてその後彼女が訪れたのは王の宮殿という場所。そこでは4大家門の当主のみが入れるという特別な部屋があるようですが、今はまだヒリスが入ることは出来ませんでした。

どうやら他の家門の当主に一緒に来てもらう必要があるみたいですね。やはり何かしらの手続きが必要なようです。

どころで暫くディエゴとリカルドが登場していない気がしますが、彼らはどうなったのでしょうか。当主の座は大人しくヒリスに明け渡すしかないという感じなのですかね。なんだかんだ奴らの動向も少し気になってしまいます。笑

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ