韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ13話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【13話】ネタバレ

異能の戦い

カリキア家のパーティーに参加していたディエゴは、怒りが収まらない様子で屋敷に帰って来た。

ヒリスはどこだ!と声を荒らげていると、メイド曰く彼女はダイニングルームにいるのだと。

ディエゴは怒りをにじませながら足早に向かい、部屋に入ると、そこには一人優雅に食事をしているヒリスがいた。

舞踏会をめちゃくちゃにしておいてのんびりディナーなど…!と怒鳴り散らすディエゴ。

しかしヒリスは、私はカリキアさんに誕生日プレゼントをお渡ししただけですよと。当然悪びれる様子もなく淡々と答える。

堪忍袋の緒が切れたディエゴは、この際しつけ直してやる!と言って異能を力でヒリスに攻撃を仕掛けた。

しかしヒリスは余裕の表情でそれを受け止め、しかもディエゴはただならぬ感覚を感じる。なんと彼の力がヒリスに吸収されているではないか。

一体何の騒ぎ…!と部屋にやって来るリカルドとガブリエル。

彼らはそこで起こっている光景に唖然とし、そしてヒリスはクスッと笑っているのだった。

カリキアの涙

カリキアの涙。それはカリキア一族の涙で作られる貴重な宝石であり、身に着けると異能の力が少し強まるという効果がある。

しかしそれを最大限に生かす真の方法、それは宝石を飲み込むことなのである。それにより体内に吸収させると、異能の力が大幅に強まるうえ、一定時間他人の異能を吸収して己のものにすることができるのだ。

カリキア家は4大家門の平和と均衡の為その事実を隠してきて、今では宝石の真の力をしる部外者はいなくなったのである。

ヒリスは地下からマゴ・カリキアを助け出した際、その彼の涙でできた宝石を飲み込んでいた。

それによりヒリスは父ディエゴから力を吸収できたのである。

何が起きたんだ?どうして私の力がヒリスに!と同様を隠せないディエゴ。彼は唖然とした様子でペタンと床に座り込んでいる。

そんな父にヒリスはスタスタと歩み寄り、家門の当主の話をし始めた。

現在では先代が後継者を指名するようになったが、昔は家門で最も強力な異能を持つ者の体にその印が現れたのだと。アクシオン・ベルゼットもまさにそれである。

そう説明するヒリスの体はパァっと光り、鎖骨のあたりにその印が現れるのだった。

当主の座は

家門で最も強力な異能を持つ印が体に現われたヒリス。

彼女は力なく座り込むディエゴを見下ろしてこう言った。

当主の座はそれなりに使い道があるでしょうから私が死ぬまで当主の座を守りましょう。だからあなたはもう何もしないでください。今日からは私がイノアデンの当主なのだから。

そう言うヒリスに、ディエゴは絶望的な表情を浮かべたまま何も言い返すことはない。

お前…父上に何をしたんだ!?と口を挟んでくるリカルド。すぐに謝れ!ただじゃおかないぞ!などと言ってくるが、ただじゃおかない…?とキョトンとしているヒリス。

あなたに何ができるの?

ヒリスのその一言にリカルドは何も言い返せない。

これから命令を下すのは私だからそれが嫌なら出て行ってちょうだいと言い残し、ヒリスはその場を立ち去って行った。

ガブリエルはただただ困惑したまま。父と兄がこんな簡単にヒリスに負けてしまうことに戸惑っていた。

ヒリスお姉様がイノアデンの当主ですって?じゃあこれから私はどうすればいいの?

ガブリエルはそう思い、青ざめるのだった。

【13話】感想

一気に形勢逆転というか、ヒリスが圧倒的優位に立った感じがしますね。

マゴの涙を飲んだ時は一体何をしているのかと思いましたが、そんな裏事情があったとは。

このまま本当に当主の座につくのでしょうか。対外的に知らせたりと色々手順がありそうな気がしますが、すぐに正式に認められるのですかね。

これ以上ディエゴやリカルドたちが調子に乗るところを見なくて済むと思うと、なんだか晴れやかな気分になってしまいます。笑

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ