韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ11話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【11話】ネタバレ

少年と男は何者か

男の子を抱えるヒリスの前に現われた男。

その男は香りでヒリスがイノアデン家の人間であることに気づいたようだ。

そして、その子をこっちに渡してもらいたいんだがと話しかけてくる。その子が何者なのか知っているのか?とも。

当然ヒリスが知らないわけがない。

その拘束されていた男の子はマゴ・カリキア。完全に失われたと思われているカリキア家の異能を唯一受け継ぐ者。そしていずれカリキアの王になる少年である。

地下に閉じ込められていたのも、異能によってできた宝石に目がくらんだ者たちの仕業だ。

そんなマゴのことを、カリキア家のからの依頼で助けに来たのだと男は言う。

彼はベルゼット家当主のアクシオン・ベルゼット。

彼がそう名乗って来るのも、ヒリスにとっては前世と全く同じ状況である。

そしてアクシオンは、マゴを連れて一緒にカリキア家に向かおうと提案して来た。それもまた前世と同じ提案であり、前世ではそれを受け入れたヒリス。

しかし今回の人生ではそうはしないようだ。

あなたと行動を共にするつもりはないわと言い残し、ヒリスは異能の力で姿を消すのだった。

一人取り残されたアクシオンは、フッと笑っている。こちらもグズグズはしていられないなと一人呟くのだった。

ディエゴの嘘話

カリキア家で開かれているお嬢様の誕生日パーティー。

そこではクリスティアンのところにディエゴがやって来た。久しぶりだなと話しかけるディエゴ。

以前クリスティアンがイノアデン家の屋敷を訪れて以来、また伺いたいという申し入れも断られ、手紙にも返事がないようである。

ディエゴは適当な理由をつけてそのことを詫びる。

それからディエゴは、先日の出来事について嘘を話し始めた。クリスティアンはヒリスが異能を使う所を目の前で見たわけだが、それは娘たちのかわいいイタズラだったのだと。

本当は裏でリカルドが異能を使い、さもヒリスが異能を使っているかのように見せただけなのだとディエゴは説明する。

しかしそんな見え見えの嘘が通じるわけがなく、クリスティアンも呆れたような表情で笑っているのだった。

婚約破棄の申し入れ

また実はクリスティアンは先日から婚約破棄を申し入れていた。ディエゴからの返事がないのもそのせいである。

その話をクリスティアンが持ち出すと、ディエゴの表情は険しくなり、家門の間で交わされた約束をそう簡単に破棄できないとする。

それならば両家の婚約は維持したまま相手を変えれば問題ないでしょうと言うクリスティアン。ガブリエルではなくヒリスとの婚約を望んでいるのだ。

それから畳みかけるように、あの時見た異能の力は確かにヒリスさんのものでしたよとクリスティアンは言う。

あれはヒリスではなくリカルドの力なんだ!とますます憤った様子のディエゴだが、そうでしょうか?とクリスティアンがまともに取り合うようすはない。

近いうちイノアデン家の世代交代を公にする日が来るでしょうと言い、少し微笑んで立ち去って行くクリスティアン。

一方ディエゴはギリっと歯ぎしりをして怒りが収まらない様子。

早く…一刻も早く…ヒリスの異能をリカルドに移す方法を見つけなければ…!

ディエゴはそのように思い、険しい表情を浮かべているのだった。

【11話】感想

少年を助けに来たのはアクシオンという男。今のところ悪い人には見えませんが、前世で一緒にカリキア家に行ったヒリスが、今回の人生ではそうしなかったのはなぜなのでしょうかね。

前世は共に行動したことで何か失敗でもあったのか。気になるところです。

また異能の力はヒリスではなくリカルドのものだと噓話をしていたディエゴ。いや~必死すぎでしょう…なんだか痛々しい。笑

ヒリスが異能の力を持っていることがそんなに気に食わないんですね。クリスティアンも呆れている表情でした。早く諦めて欲しいものですね。笑

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ