韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ53話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」 や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第52話 第53話 第54話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【53話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

第二皇子への提案

ユスタフは第二皇子の元を訪れていた。

人に利用されるのが嫌いな第二皇子に、逆に人を利用するのはどうですか?と尋ねるユスタフ。

第二皇子が気乗りしない様子でいると、ユスタフは皇族の義務について話を始めた。

要するに、今の皇太子の代わりに皇帝になる気はなのか聞きたかったのだ。

それを察した第二皇子は強すぎる力は誰も好きじゃないと答えると、弱いからって敵がいないとは限らないと答えるユスタフ。そして、すぐに答えは求めないからじっくりと考えて欲しいとお願いをした。

ユスタフが部屋を出て行き、1人になった第二皇子。皇帝になるのは険しい道だというのは明らかで、兄である皇太子も皇太子妃オリビアがいるからしっかりするかも…と考えていた。

皇太子妃オリビアは美しい外見に加え、政治感覚までもっている皇族のパートナーにふさわしい人物である。

自分も政治パートナーになる結婚相手を選ばなければならず、自分が好きになる相手と結婚できないことを悟る第二皇子。

返事はまだ先にして、兄が今回の決闘により改心するのに期待するのであった。

雨の中

ランはルミエの件で催促の手紙を書いていた。侍女にイルミニティ伯爵に送るように言うラン。

ふと窓の外を見ると、雨が降っている。侍女は雨の中の庭でのティータイムを提案すると、楽しそうに話す彼女らを見てランは受け入れることに。

すると、そこにロス卿がやって来て雨の中ティータイムをすることに小言を言う。

なんだかんだティータイムについてくることになり、ランをお姫様抱っこをしてテラスまで運ぶのであった。

【53話】感想

ランのことをあまりよく思っていないロス卿ですが、ユスタフのためだといってお姫様だっこして運ぶ姿がかわいく思えました。

また、ユスタフから皇帝になるようちらつかされた第二皇子。政治的なパートナーのことを考えていましたが、第二皇子はこれからランのことが好きになりそうな気がすると思いました。

←前回 今回 次回→
第52話 第53話 第54話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ