韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ54話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」 や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第53話 第54話 第55話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【54話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

雨の中のティータイム

雨の中、侍女たちとティータイムを楽しむラン。

ランが提案したラチア公爵家の制服は侍女たちに好評で、彼女はそれを嬉しく思っていた。

すると、そこにずぶ濡れになったユスタフが現れた。受け取ったタオルで自分の顔を拭きながら、ランにまったく雨に濡れた跡がないことに気が付くユスタフ。

ロス卿がここまで抱っこして運んでくれたのだとランが答えると、少し不愉快そうな表情をした。

ユスタフはお茶の席に着き、ランと2人きりで話をすることに。

ランは他愛ない話を投げかけるが、はいやそうですねといった短い言葉でしか返さないユスタフ。

何のために侍女たちをはけてまで2人きりになったんだとランが不思議に思っていると、雨が滴って床の大理石が少し削れた跡を見つけた。

すると、雨粒が落ちるたびに大理石は何を考えているのでしょう?と話を始めるユスタフ。

最初は面倒くさく違和感を感じるだろうが、そのうち無感覚になっていくだろう。大理石はぶつかる音がしなくなった時に自分が削られていたことにやっと気付き、溜まった雨粒が消えてしまった時に自分の中がどれだけ空っぽになってしまったのを悟るでしょうと。

ユスタフは大理石と雨粒の関係に、自分とランを重ねているようであった。

ユスタフはずるいですねと言葉を投げかけるが、何のことかわからないラン。ユスタフはフッと笑うと、今度はラチアに戻る話に。

もし雨がひどくなれば緑のアーチの屋敷にもう少し留まることになると言うラン。何日か猶予があればルミエの件が片付くと考えていた。

それに対して、ユスタフはラチアに早く帰りたがっていた。彼にとってはラチアが自分のすべてだと言うのであった。

イルミニティ伯爵の返事

ランの元にイルミニティ伯爵からの返事が届いた。

そこには助け出したと書かれているのであった。

【54話】感想

大理石と雨粒の話、ユスタフワールド全開でしたね。笑

彼にとってランが重要な存在になったのだと解釈しました。いよいよルミエが救出となりそうですが、まだ1回も登場していないですよね?どんな人物なのか登場が楽しみです!!

←前回 今回 次回→
第53話 第54話 第55話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ