韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ27話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

公爵たちの判断は

リアンを魔獣討伐の死地に送るか、それともアイリーンと結婚させるか。二択を公爵たちに迫った皇帝。

反対意見など言いづらい雰囲気の中、私はこの票決に反対します!と言ってフロイド公爵夫人が赤玉を差し出した。

これはチャンスよ!と思ったエイブロト公爵も反対票の赤玉を出し、他の公爵たちもそれに続く。

ロウエン公爵とボルミオ公爵も反対派にまわり、賛成2票、反対4票で反対派の勝利に。

フロイド公爵夫人は最後まで毅然とした態度で皇帝クラウスに意見を言い、票決の結果のまま会合を終えた。

皇帝クラウスが退席した後、お前は本気か!?とカラーブリア公爵が噛みついてくる。

そんな彼に対し、口を閉じなさい!と強い口調で言い返すフロイド公爵夫人。

彼女の意見を尊重するふりして首都まで呼び出したにも関わらず、一方的に従わせようとしてきたカラーブリア公爵に憤っているのだ。

彼女の勢いにカラーブリア公爵はたじろぐ。

それからフロイド公爵夫人は自分の考えを述べる。

リアンの結婚に反対すると言っているのではなく、直接リアンに会って話を聞いたうえで決めたいと。そのため反対票を入れたのだ。

フロイド公爵夫人の態度にひるんだのか、それ以上カラーブリア公爵は何も言うことはないのだった。

会合を終えて

会合が終わり足早にどこかへ行くフロイド公爵夫人だが、彼女をエイブロト公爵が呼び止める。

エイブロト公爵は彼女に相談したいことがあるのだ。

ただフロイド公爵夫人は用事があって時間がないということで、相談はまた後日ということに。

フロイド公爵夫人の用事とはエレノアに会いに行くこと。

エレノアならスカイ・ペイドラ公爵に尋ねてみるとよいとエイブロト公爵は助言するのだった。

噂される誓約の存在

フロイド公爵夫人が立ち去った後、エイブロト公爵のもとにはロウエン公爵がやって来た。

ロウエン公爵には心配していることがあると言う。

というのも皇帝が何の考えもなしに、今回のような票決をとろうとしたのだろうかということ。反対された場合の策もあるのではないかという話だ。

その策というのがおそらく誓約。リアン本人も知らないであろう誓約を、皇帝クラウスが結ばせてるという噂が一部で知られている。

誓約の存在が本当にあるのかどうかは分らない。だがもし本当であれば誓約を発動してリアンは皇帝に従わざるを得ないだろうとロウエン公爵は心配しているのだ。

今回の会合も何の意味もなかったことになる。

そんなロウエン公爵の懸念を聞いて、エイブロト公爵も確かにそうかもしれないと納得した。

もし皇帝が素直に引かないのならリアンはこの状況をどうするつもり…?とエイブロト公爵は思うのだった。

ツェッペリン伯爵の言伝

リアンのもとには、ツェッペリン伯爵が言伝があるとのことで訪れていた。

どうやら皇帝クラウスがリアンの騎士団を訪問するのだとか。

リアンは少し黙った後、了解したと返事をするのだった。

ビアンカのもとへ

ビアンカは相変わらず屋敷に引きこもっていた。

そんな彼女に来客があると使用人が伝えに来るも、誰にも会いたくないと言ってビアンカは拒絶する。

これを見せたら誰だかわかると言っていましたと言い、使用人は客人から預かった本を差し出した。

その本を見て、目を見開いて驚くビアンカ。

あの本は…エレノア男爵夫人の本でしょ?と思うのだった。

【27話】感想

フロイド公爵夫人のおかげで、会合の結果は反対派が多数ということになりました。本当にかっこいいですね。

そして皇帝クラウスとリアンとの誓約の存在は、どうやら一部の人は噂で知っているようです。本当にリアン本人は知らないのですかね…?

ストリングストーンを持っているエレノアなら誓約の存在を知れるので、もしかしたらエレノア経由で知ることになるのではとふと思いました。

そしていよいよエレノアはビアンカのもとへ。呪術をかけられていることを明らかにできるのか。楽しみです。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ