韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ24話】継母だけど娘が可愛すぎるの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「継母だけど娘が可愛すぎる」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「継母だけど娘が可愛すぎる」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【24話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ヴェリテの明かす真実

ヴェリテの話によると、ナツメグは食べ過ぎると死ぬこともあるのだとか。

その話を聞いてゾッとするアビゲール。

ただ彼女が無事だったのは大人だからであって、もし幼いブランシュが食べていたら本当に死んでいたかもしれないという。

今回に限っては直前に皿を交換しなければブランシュが食べていたわけであり、本当に間一髪であった。

ブランシュの命が危険にさらされるとは許されないミスであり、やっぱり料理長はクビにしないと…とアビゲールは心苦しく感じた。

しかし鏡で事の一部始終を見ていたヴェリテは、料理長は何の関係もないことを話す。

何か知っているのね…一つ漏らさず全て教えて!とアビゲールは言い、ヴェリテから真実を教えてもらうのだった。

しらを切るジェレミー夫人

ジェレミー夫人は部屋で一人苛立っていた。よりによって王妃がその肉を食べるなんて…!と。

ブランシュではなくアビゲールが食べたことで、彼女の計画は水の泡になったのだ。

すると彼女のもとに、アビゲールが呼んでいるという報告が届く。

まさかバレたのではと思い一瞬焦りを見せるが、あの鈍感な女が知っているはずがないと思い、心を落ち着かせた。

アビゲールが待っている部屋をジェレミー夫人が訪れると、アビゲールはただならぬ雰囲気で待ち構えていた。

私がどうして呼んだのか知っていますよね?と一言目から威圧的なアビゲール。

ブランシュの食事にナツメグを入れたことを早速問い詰めると、案の定ジェレミー夫人はしらばっくれた。

それどころか、自分を陥れようとしていると主張し、まるで被害者かのように涙を流し始める。

犯人扱いなんてひどいです…!と泣きながら言うのだった。

決定的な証拠

ジェレミー夫人の演技に呆れ顔のアビゲールは、その日食事を運んでいた食堂の侍女を呼び出した。

彼女はジェレミー夫人がナツメグを振りかける場面に間違いなく居合わせた侍女であり、有力な証言者でなのだ。

しかしそれでもジェレミー夫人はしらを切り続ける。

するとアビゲールは最終手段として、ヴェリテの鏡を取り出した。

ヴェリテは実際にジェレミー夫人がナツメグを仕込むときの光景を記録しており、その時の映像を鏡に映し出す。

決定的な証拠を突き付けられて、さすがのジェレミー夫人もこれ以上誤魔化すことは出来ず、堪忍したように膝から崩れ落ちるのだった。

3つの選択肢

ついに自分の反抗であることを認めたジェレミー夫人は、ガタガタと震えながらアビゲールに許しを乞う。

教育係の座を取り戻したいという気持ちで軽いトラブルを…と。

しかし怒りが収まらないアビゲールはジェレミー夫人の顎をグイっと掴んで、軽いトラブル?あなたの行為でブランシュが死ぬところだったのに?と詰め寄った。

どうやらジェレミー夫人は子供がその量を摂取した場合死に至ることを知らなかったようだ。

自分のしでかした事の大きさを初めて自覚したジェレミー夫人は真っ青になるのだった。

それからアビゲールは3つの選択肢を迫る。

1つ目は、自首して自らセイブリアンに真実を打ち明けるということ。

2つ目は、アビゲールからセイブリアンに報告するということ。

そして最後に3つ目は、今すぐここで処刑されること。

その3つの選択肢をジェレミー夫人は与えられ、絶望の表情を浮かべているのだった。

【24話】感想

ヴェリテが事の一部始終を記録していたことにより、ジェレミー夫人の犯行であることが明らかとなりました。

いや~、ヴェリテは本当に強い味方ですね!王宮内の鏡が全て見えて記録できるとか、強すぎます!笑

どうやらジェレミー夫人は、子供が摂取した場合に死ぬということを知らずに犯行に及んでいたようですが、知らなかったでは許されないことですよね…。

彼女にはちゃんとした罰を受けて欲しいものです。アビゲールが選択肢を与えましたが、果たして彼女はどれを選ぶのか。この騒動の結末がどうなるのか気になりますね。

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ