韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ25話】今世は当主になりますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「今世は当主になります」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第24話 第25話 第26話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「今世は当主になります」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【25話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

予想外の検問

ギャラハンとフィレンティアを乗せた馬車が皇居に入るとき、警備隊に止められ検問を受けることに。

これまでロンバルディの紋章が描かれている馬車は問答無用に皇帝の執務室まで行くことが出来たわけであり、検問は予想外の事態だ。やはりそれは皇后の命令のようである。

ギャラハンが馬車を降りて警備隊と話をしている間、フィレンティアは自身が持っているメルコン薬をどう隠すか考えていた。もし見つかってしまっては疑われることになってしまう。

そう思いキョロキョロと見渡すと、フィレンティアは馬車の外に何かを見つけるのだった。

ギャラハンは警備隊と話し、子供には触れないと言う条件で馬車の中だけ調べることを許可した。

警備隊の者もその条件をやむなく受け入れ、馬車の中だけ確認を行い、特に問題はなかったから検問を終える。

そしてギャラハンが馬車に戻ろうとすると、そこにフィレンティアの姿が見当たらないではないか。

その馬車の反対側の扉が開いており、どうやらどこかへ行ってしまったようである。

ギャラハンは焦って娘を探し始めるのだった。

ある人物を探すフィレンティア

一方のフィレンティアは、馬車の中からある人物を目撃しており、その者に接触するために急いで飛び出たのだ。

それは森の中で、馬車からは少し遠い場所だったが、彼女は間違いないと確信していた。

彼女は前の人生で、アスタナが皇太子になった後に気になることがあり、情報ギルドからある情報を手に入れていた。

それは皇后が第2皇子ペレスの母を、皇后宮の西側の森の中にある別宮に閉じ込めていたということ。そしてペレスの母が死んだあとは、幼いペレスに継続的に毒を飲ませていたということ。

毒の量は一気に死なない程度に地道に飲ませていたらしい。その結果ペレスは死ぬことはなかったが後遺症で酷い不眠症に陥ってしまったのだ。

前の人生でその情報が役に立つことはなかったが、今回の人生では役に立つはず。

そう思いながら目的の人物を探して森の中を歩いていると、ついに見つけた。

森の中座り込んで何やら地面の草をいじっている男の子の姿が。フィレンティアが近づくとその男の子は振り向く。

それはまさに彼女が探していた第2皇子ペレスであった。

第2皇子ペレスの悲惨な境遇

ペレスはボロボロの格好で、手にはむしった草を持っている。

その光景を見たフィレンティアは戸惑い、何してるの!?と声をあげ彼の手を掴む。

どうやら彼はお腹が痛いようで、葉っぱを食べると良くなると本で読み、雑草を食べようとしていたのだ。

ペレスは母を失い、父には忘れられ、皇宮で独りぼっちの辛い生活を送っているのである。

お腹が痛いと言うペレスに、フィレンティアは、自分の名を名乗りながら持って来たメルコン薬を手渡した。

ペレスの辛い境遇を目の当たりにした彼女は涙が溢れてくるが、一方のペレスは感情を失ったかのように無表情であり、なんで君が泣いているの?僕が可哀想なの?と淡々と聞いて来る。

ペレスの話によると、乳母さえも兵士に連れられ、少し前に皇宮を追い出されてしまったようだ。

そんな酷い話を聞いてフィレンティアは言葉を失う。

そしてペレスは一度受け取ったメルコン薬を差し出し、彼女にそれを返すと言ってきた。

君も僕を助けるな。君まで死ぬかもしれないから。

彼は希望を失っているような目でそう言ってくるのだった。

【25話】感想

とりあえず検問は逃れることに成功し、フィレンティアは目的であったペレスに接触することに成功しました。

しかしまさかペレスがこんな悲惨な境遇で生きているとは思っていなかったでしょうね。

とても皇子とは思えないほどボロボロで、弱り切っています。君も死ぬかもしれないからと言って薬を返してくる辺りに、彼の優しさが表れていますね。

どうにかしてペレスを救いたいところですが、果たしてフィレンティアが彼の助けになることは出来るでしょうか。

←前回 今回 次回→
第24話 第25話 第26話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ