韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ9話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【9話】ネタバレ

休暇の希望

キイラは団長を退きたいとラディックに嘆願した。休養のために2カ月ほど休暇をいただきたいと。

2カ月は長すぎるから1カ月にしなさいと言うラディック。

彼女は、どうせコゼットが現れたら退くことになるから自ら退いた方がいい。そして調べたいことも山ほどある。

そう考えていたのだ。

そして心身ともに限界ですとラディックに訴える。

その言葉にラディックは唖然とし、2カ月の休暇をあっさり許可するのだった。

彼女が部屋を出て行った後、ラディックはぼーっとしており、彼女のあまりの変りように戸惑っているようであった。

大きな誤解

自分の部屋に戻ったキイラは、前の人生で自分が死んだ後に、周りの人たちがどうなったのかと考えていた。

父は実の娘と幸せに暮らし、帝国は災いを免れ、私の死をみんなで喜んだのかな?

彼女はそう考え少しうつむいている。

そこにジョゼフがやって来て、どうやら今日の新人騎士団員の歓迎会のことで話があると言う。

彼女はとっさに今までみんなの邪魔をしていたことを謝り、そして団長も辞めるつもりだと話した。

その話にジョゼフは相当驚いたようで、焦って弁解を始める。

皆キイラのことが嫌いなわけではなく、精霊士になる方だから近寄りがたい存在と感じていただけだということ。

そして皆公女であるキイラのことを誇りに思っているということ。

ジョゼフは彼女が嫌われているというのは誤解だということを熱弁し、歓迎会に参加しましょうと言う。

キイラは彼の言う通り歓迎会に参加することとし、また彼に言われた言葉を噛み締めていた。

みんなから認めてもらえた。お父様から認めてもらえなかったら全部無駄だと思っていたけど、私の努力は無駄じゃなかった!

そう感じた彼女は心から喜びを感じていたのだった。

歓迎会に参加

キイラが歓迎会の会場に到着すると、皆だいぶ盛り上がっているようだ。

みんな揃ったということで、新人の騎士団員レイナ・ガドナーが剣を取り出す。

どうやら新米が面白い芸を披露してくれるのだとか。

彼女はビュンと剣を振り、わあああ!と会場は盛り上がる。

キイラはその空気感に中々ついて行けないようだが、取り合えずパチパチと拍手をするのだった。

【9話】感想

キイラが休暇をお願いしたときのラディックの反応が気になりますね。唖然としているというか。変わってしまったキイラに驚いているのでしょうか。

また嫌われているというのは誤解だとジョゼフから熱弁され、キイラはすごく嬉しそうな表情を見せていました。

歓迎会の盛り上がりには中々ついていけてないようですが、これから仲間の信頼を得ていって欲しいですね。

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ