韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ8話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【8話】ネタバレ

キイラの謝罪

ジョセフに謝りたいことがあると切り出すキイラ。

公女様が私にですか?と彼は驚いているようだ。

そしてキイラは、自分もジョゼフのようにみんなから認められたくて嫉妬していたと言って謝罪した。

これからは主導権を握るためにわざと対立したり口出ししたりしないと約束するのだった。

そして入団試験が終わって最終合格者が決まり、キイラは皆の前で演説を行う。

大陸の盾パルビス騎士団の一員となった一人ひとりを歓迎すると。そして彼女は今夜行われる新人騎士の歓迎会の話を始めた。

その瞬間騎士団の者がゾッとする。まさか団長…今年も来られるつもりじゃ…?と。

彼女が来ると盛り上がる飲み会も盛り上がらないのだ。

しかし彼女は今夜参加しないこと、そして費用は全部彼女が持つことを宣言した。

続けて、これまで空気を読まずに参加していたことも謝ったのだ。でも悪気はなく、ただみんなと仲良くなりたかっただけだからと説明する。

自分が参加しないことにみんな喜んでくれると思っていたが、その場はシーンとなり、どうしたんだろう?と思うキイラ。

演説もそこそこに切り上げ、彼女はその場を立ち去っていくのだった。

まるで別人のよう

キイラが立ち去った後、騎士団の者たちは彼女に申し訳なく思っていた。まさか自分たちと仲良くなりたいと思って参加していたとは。

とりあえず副団長は代表して謝罪しに行くことにして、団員の意向で今日から参加してくれるよう伝えることにするのだった。

キイラの元に向かう副団長ジョゼフ。

彼はキイラに謝罪されたときのことを思い出し、嫌われていたわけではなかったようだなと呟く。

つい昨日まで神経を尖らせている印象だったが…今日の公女様はとても自由で別人のようだ。

彼はそう思い、変わった彼女に好印象を抱くのだった。

ラディックへのお願い

ラディックの執務室を訪れたキイラ。

彼女は治療師を送ってくれたことに礼を述べる。

そして、これから朝のご挨拶を省略させていただきますと彼女が言うと、ラディックは驚いたような表情を見せた。

どうせ朝の挨拶なんてどうだっていいんでしょ?と心の中では思いながらも、これまで大切な朝の時間を奪ってしまったことを謝罪するキイラ。

その話を受け、好きにしなさい、とだけラディックは返事をする。

またキイラはラディックにお願いがあるという。

当分の間団長職を退いてもよろしいでしょうか。

彼女は突然そう言い出すのだった。

【8話】感想

キイラは順調に周りからの好感度を伸ばしているのではないでしょうか。笑

ジョゼフはもちろん、騎士団のみんなもキイラに歓迎会に参加してほしいと言い始めているので、彼女にとってはいい流れかもしれませんね。

団長職を退きたいと言い出したキイラですが、果たしてラディックはどう答えるのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.