韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ64話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第63話 第64話 第65話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【64話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

神殿に到着

キイラとコゼットは神殿に到着し、神官たちが彼女らを迎えてくれた。

早速神官は祭祀が行われる予定の内堂へ案内してくれる。どうやら外堂とは違って構造が複雑であり、初めて訪れる人は迷いがちなのだとか。

内堂を見回すキイラは、幸い昔と変わってないと思った。

それから神官は彼女たちがやるべきことを説明する。まずは神物と神獣の管理だ。

それは文字通り、神に捧げる神聖な物や動物のこと。精霊士は祭祀の最終日まで神物と神獣を管理するのが神殿の伝統となっている。

コゼットは初めて聞く話だが、キイラは昔祭祀でジョアンナに同行したことがあるため、そのことを知っていた。

神物と神獣をそれぞれ一つずつ担当して欲しいと神官が言うと、私が神物を引き受けます!とキイラはすかさず申し出る。

というのも、神物よりも神獣の管理のほうが難しいから精霊士になった時には気を付けるようにと、当時ジョアンナから教えを受けていたのだ。

そのままの流れでコゼットは神獣のほうを任されることになり、一方的に決まってしまったからか彼女の笑顔は少し引きつっている。

それから早速神物と神獣が保管されている場所に向かうと、今年の神物は銀色の杯であり、神獣は可愛らしいキツネだ。

2人にはそれぞれ祈祷室が割り当てられ、そこで供え物を祭壇にあげて祭祀最終日まで祈祷儀式を行うようにと神官は言うのだった。

小狡いコゼット

神殿で2日が経過し、ロゼが息を荒くしてキイラのもとにやってくる。

コゼットが外堂で奉仕活動をしており、修道女たちの間で褒められているようだとロゼは憤りながら報告する。

というのも、神獣の管理が大変だということでコゼットは祈祷文の作成をキイラに押し付けていた。祭祀の大変な準備をキイラに任せ、自分だけ外で良い面しているのである。

当然キイラが祭祀の準備に忙しいことなど外部の人間は知る由もない。

そんな状況が許せないロゼだが、コゼットが小狡いのはいつも通りのこと。キイラはあまり気にしていない様子だ。

少し休むことも大事だからと、キイラは神物の管理をロゼに任せ、神殿の外堂へ出るのだった。

何かを察するキイラ

外堂へ出ると、そこではコゼットが修道女たちのお手伝いをしていた。

コゼットはキイラを見つけると、ちょうど忙しかったから手伝ってほしいと言ってくるが、ちょっと風に当たりに来ただけだと言ってキイラは断る。祭祀の準備のためにやることが多いからと。

するとコゼットは、仕事は効率的にやらないければいけないなどと言ってくる。だから神獣はミナに任せているというのだ。

祭祀の準備をキイラに押し付けておいて、修道女の前では口が達者である。

それからコゼットはこうも言ってくる。

神物の管理も大変だろうし、一日中動かずに座ってばかりだと退屈だろうと。

そう言いながらコゼットは何やら不気味にニヤッと笑っているのだ。

そんなコゼットの発言や振る舞いを見て、キイラは何かを察したようである。

あぁ…また始まったね…!と思い、キイラも少し微笑むのだった。

【64話】感想

本当にコゼットは狡くて嫌な奴ですね。裏では仕事をキイラに押し付け、人目に触れるところでは自分のほうが仕事してますアピールするなんて…。

その腹黒さが神殿の人たち皆にバレて欲しい!

ロゼが怒るのも当然ですが、キイラは気にしていない感じでした。さすが余裕がありますね。

それから外堂でコゼットと会話すると、彼女は少し不気味な笑みを見せていました。彼女の発言内容からすると、やっぱりキイラが管理している神物を盗もうとしている気がしますね。

祭祀終了まで責任を持って管理するようにと言われているため、当然失くしたりしたら一大事でしょう。

コゼットが何を悪だくみしているのかまだ明かされていませんが、キイラには負けずに対処して欲しいです!

←前回 今回 次回→
第63話 第64話 第65話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ