韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ63話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第62話 第63話 第64話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【63話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ラディックからの呼び出し

騎士団の団長職復帰を祝う宴会の翌日、キイラはお酒のせいで昨夜の出来事をあまり覚えていないかった。

ジョゼフ卿と何かあった気がするんだけど…と思いながらも、全然思い出すことが出来ない。

そんなことを考えながら廊下を歩いていると、コゼットと出くわす。

2人とも神殿での祭祀に関して話があるからとラディックに呼び出されており、彼の執務室へ向かうところなのだ。

祭祀でジョアンナの代理を誰が務めるのかという件だが、前世ではコゼットが代理を任された。

その時はミナを虐待したという濡れ衣を着せられ、キイラは謹慎処分を受けていたからである。

今度は…必ず勝ち取る!と思いながらキイラはコゼットと一緒にラディックの執務室へ入るのだった。

どちらが代役を務めるか

ラディックの執務室に入ると、早速本題に。どちらがジョアンナの代わりに行くべきかと彼は2人の意見を求めた。

するとキイラもコゼットも、私が行きます!とはっきり主張する。

両者とも思っていたより積極的であり、ラディックも困った様子である。

キイラとコゼットはどちらが相応しいかその場で言い合いを始めるが、経験においてはキイラのほうが有利だ。

2人とも神殿を訪れた経験はあるものの、コゼットは誰でも出入りできる外堂しか入ったことが無い。

その点キイラは祭祀が行われる内堂に入ったことがある。幼い頃にジョアンナに連れられて、祭祀の準備を手伝ったことがあるからだ。

キイラのほうが経験があるとわかると、それなら平等に今回は私が…!とコゼットも食い下がる。

どちらも譲る様子はなく、ラディックは頭を抱えるのだった。

ラディックの答えは

ラディックは悩んだ末、それなら伯母さんの言う通りに…と言いかける。ジョアンナは手紙でキイラを推薦すると書いていたのだ。

このままではキイラが選ばれると察したコゼットは、ラディックの言葉を遮り、それなら2人で一緒に行きましょう!と言うではないか。

ニコッと満面の笑みを浮かべ、仲良さそうにキイラにすり寄るコゼット。さすがの狡猾さである。

やむを得ずキイラもそれを承諾し、結局2人で祭祀に参加することに。

彼女たちが部屋を出て行った後、ラディックはため息をついた。

果たしてこれで良かったのか…と彼も自分の判断に自信がないのであった。

神殿への出発日

神殿へ出発する日。

キイラとコゼットは2人で馬車に乗って向かっていた。

この女と一緒に馬車になることはもう無いと思っていたのに…と憂鬱そうなキイラ。

一方のコゼットは相変わらずお喋りで、キイラと一緒に参加できる祭祀なんてすごく楽しみ!などと心にもないことを笑顔で言っている。

そうだね…楽しみだね…!と適当に相手をしながら、キイラも少し微笑んでいるのだった。

【63話】感想

キイラは昨日のことをお酒で覚えてないようですね。ジョゼフとの2人きりの会話を覚えてたら気まずかったかもしれないので、これで良かったのかもしれません。笑

またジョアンナの代わりに誰が祭祀に参加するかという件。コゼットのせいで結局2人で参加することに。面倒なことになりましたね…。

どうせ行った先でも小狡いことをしてキイラのことを蹴落とそうとしてくるのでしょう。

キイラには負けずに戦ってほしいです!

←前回 今回 次回→
第62話 第63話 第64話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ