韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ48話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第47話 第48話 第49話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【48話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

叔母ジョアンナを訪問

キイラとコゼットは叔母ジョアンナの屋敷を訪れた。

コゼットとジョアンナは初対面であるが、あまりにもラディックに似ていて驚いているようだ。

お互い笑顔で挨拶を交わし、ジョアンナは2人の訪問を快く迎え入れてくれるのだった。

それから夕食の時間にまた顔を合わせることになり、それまではそれぞれの部屋で過ごすことに。

部屋に向かう途中、相変わらずコゼットはペチャクチャとおしゃべりが止まらない。

庭のお花が綺麗ね!キイラはお庭を見た?などといつも通り一方的に話してくるコゼットに、相変わらず騒がしいのねと思うキイラ。

するとコゼットは突然、ベアトリーチェの精霊石を見たことある?と聞いてくる。

その質問にドキッとして、精霊石について知っているの?と思いキイラは戸惑うのだった。

精霊石

キイラの戸惑った反応を見たコゼットは、やっぱり精霊石を見たことあるのね!と言ってくるが、キイラは見たことがないと否定する。

それからコゼット曰く、精霊石を身に付ければ誰でも精霊士の力を使うことが出来ると言うが、そんな話をキイラは受け入れない。

もし誰でも精霊士になれるのならば、パルビス大公家が特別な扱いを受けるはずがないからだ。

コゼットの言うことなど相手にせずに自分の部屋へ行こうとするキイラだが、コゼットはしつこく話しかけてくる。

私のせいで気分を害した?それとも嘘がバレて逃げてるの?とコゼットが分かりやすく挑発してくると、キイラは毅然とした態度で言い返す。

おふざけしている時間があるみたいね。本物の公女になりたければそれに見合う礼法を身に着ける努力でもしたら?

そんなキイラのカウンターに、コゼットは顔を真っ赤にして怒っている様子だが、キイラは相手にせず自分の部屋へと向かうのだった。

コゼットの企み

廊下で一人残されたコゼットの前に、同行して来たメイドのエミリーが現れる。

荷物の整理は終わりましたよと話しかけてくるエミリーに対して、コゼットは涙を流しながら抱き着いた。

やっぱり私キイラと仲良くなれないのかな?私には平民出身だから礼法なんて分からないよ…と。

それは当然嘘の涙だが、エミリーはコゼットのことを慰めた。

そしてコゼットは心の中で思っていた。キイラはただ隠しているだけで本当は不安なはず。自分自身を疑い始めた人間は弱いからその時を待とうと。

そう思い、慰めるエミリーの胸の中で不敵な笑みを浮かべるのだった。

その日の夜

夜、キイラは一人で考えていた。

前世でのコゼットはベアトリーチェの精霊石を見に来るためにここに来ていたのか?精霊石に触れるだけで精霊士になるなどありえない…

そのようなことを考え、頭を悩ませている。

また以前先代の日記で読んだ、姉妹間の接触で能力が発現するということについてもキイラの頭によぎった。

何の企みがあるか分からないが、コゼットの思い通りにさせるわけにはいかない。

キイラはそのように思っているのだった。

【48話】感想

どこに行ってもお喋りが止まらず人の気を害するようなことばかり言うコゼットは、キイラからしたら煩わしいでしょうね。自分の周りにそんな人がいたらと思うとゾッとします。笑

コゼットはエミリーの同情を買って味方につけたいのかもしれませんが、エミリーの心情はどうなのでしょうかね。

また今回精霊石の話が出てきました。精霊士の力の発現についてはまだ謎に包まれているので、ここら辺が明らかになっていくのも楽しみです。

←前回 今回 次回→
第47話 第48話 第49話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ