韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ44話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第43話 第44話 第45話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【44話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

キイラへのたくさんの手紙

コゼットを大公家に迎え入れた後、キイラの元には多くの手紙が届いていた。

いつの間にこんな友達が多くなったの?と弟ジークも嬉しそうに見ている。

キイラが手紙を開いてみると、エディンバラ侯爵やダフネ、それにアラベラ皇女たちから心配の声が届いている。

突然パルビス大公家の娘だと言い張るコゼットが現れたことに対して、手紙をくれた者たちは皆キイラのことを気の毒に思っていたようだ。

親しくなった人たちからの手紙に、キイラも嬉しそうな表情を見せる。

また彼女に届いた手紙の中の一つが突然パァっと光り輝く。何事かと思い中を見てみると、それはエレズからの手紙であった。

彼もまたキイラのことを心配に思った友人の一人であり、何かあった時に護身用に使ってほしいということで指輪が入っていた。それはエレズが作ったもので、彼女を守ってくれる効力が秘められているらしい。

それを見てまた嬉しそうにするキイラ。

そんな彼女に対して、メイドのロゼが浮かない顔をして報告してくる。

どうやらコゼットがあちらこちらで笑顔をふりまき、最初は警戒していた屋敷内の者たちもコゼットに対して心を開き始めているのだと。

コゼットが周りに受け入れられ始めたようだ。

それは前世通りであり、キイラには分かっていたこと。そろそろ喧嘩を吹っかけてくるころねと彼女は思う。

そして、私もそろそろ準備しようかなと思うのだった。

ジョゼフの頼もしい言葉

キイラは久しぶりに剣に触れてみようと練習場に向かっていると、たまたまジョゼフと出くわした。

ジョゼフは笑顔で話しかけてきて、騎士団の訓練がありますが見に行きませんかと誘ってくる。

しかしキイラは、もう騎士団長じゃないからと言ってそれを断った。それでも自分を気にかけてくれるジョゼフの存在は彼女にとって嬉しいようだ。

またね!と言ってキイラが立ち去ろうとすると、お嬢様!とジョゼフは呼び止める。

私はパルビスの騎士として公女様を守ると誓いました!だから大変なときは私を頼ってください。

そう言ってくるジョゼフ。彼もまたコゼットのことでキイラを心配しているのだろうか。

頼もしい言葉をかけてくれる彼に、キイラは笑顔でお礼を言うのだった。

ついにキイラの前に現る

一人で剣の練習をするキイラ。

過去に戻って蘇ってからずっと剣を握っていなかったキイラは、久しぶりの感じに気分が高揚していた。

そんな彼女の元に笑顔で声をかけてくる女が。コゼットである。

彼女は花束を抱えており、コスモスが綺麗に咲いていたので持ってきましたと言って笑顔でキイラに話しかけてくる。

剣の練習をしている最中のキイラは、危ないから離れておいたほうがいいよ?と毅然とした態度で返事をした。

そして、ついに現れたわねコゼット!とキイラ心の中で思っているのだった。

【44話】感想

前回までの数話、キイラが死ぬまでのジョゼフ視点での物語が描かれていました。まるで最終回かのように切ない話でしたね…。

そして今回からまたキイラが蘇った後の”今”の話に戻っています。以前の人生とは違って、キイラには彼女を心配してくれる友達がいて、手紙もたくさん届いていたようです。

今回の人生ではコゼットにはめられないように頑張って欲しいですね。剣術の練習中に対面することになりましたが、相手がどう出てくるのか注目です。

←前回 今回 次回→
第43話 第44話 第45話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ