韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ43話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【43話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ラディックの答えは

キイラを助けたいジョゼフは、ラディックを説得するために彼の部屋までやってきた。

席につく2人だが、ジョゼフが何を言いたいか分かっているラディックは、彼に喋らせる前に自ら口を開く。

神託によりパルビスに公女はたった一人だけのはずであり、コゼットはその力を証明した。

偽物の公女は災いになるという神託と皇室の命令から、キイラの処刑は避けられないのだと。

そんなラディックの説明に、死刑はやりすぎです!と声を上げるジョゼフ。

閣下もキイラ公女様を助けたくないのですか?と問いかけると、ラディックは少し黙った後、答えを述べた。

自分はパルビスの大公でありこの国の盾だから、帝国の安全を優先するのは当然であると。

ジョゼフはそれ以上説得することは出来ず、部屋を後にするのだった。

逃亡計画

ラディックに突っぱねられたジョゼフだが、彼はキイラを救うことを諦めなかった。

ジークを呼び出し、彼が考えた逃亡計画を話す。そのためにはジークがキイラを連れ出す必要があるのだ。

そして計画を実行する日。

ジョゼフは逃げるための経路が分かる地図と、馬車を用意した。

そしてジークにたった一つしかない牢屋のカギを渡し、キイラを連れ出してくる役目を任せる。

しかし暫くして戻ってきたジークは一人きりであり、そこにキイラの姿はなかった。

どうやらキイラは一緒に行くことを拒否したと言うのだ。これ以上苦しみたくないのだと。

ジークは涙を流しながらそのようにジョゼフに説明するのだった。

ジョゼフの願い

結局逃亡計画も失敗に終わり、キイラの死刑は執行された。

ジョゼフはただ一人外で立ち尽くして考えていた。

公女様はいつも何かに追われるように結果を出そうとした方。そしてパルビスの公女というプレッシャーに一生縛られた方。

私はそんな公女様を慰めてあげたかったのだろう。貴方の騎士として頼れる存在でいたかったのだろう。

彼はそう思いながら、自分の側にいるキイラを思い浮かべていた。

そしてもう伝えることは出来ないが、彼はキイラと剣を交えた日のことが忘れられずにいた。

もし貴方がもう一度機会を与えられたなら、全てのことから自由になりますように。望んだ人生を送れますように。

ジョゼフはそう願いながら、キイラの笑顔を思い浮かべるのだった。

【43話】感想

まるで最終回かのようにしんみりして涙腺が刺激される話でしたね…。キイラを失ったジョゼフを見ると本当に切なくなります。

時間が過去に戻ったところからこの物語が始まるので、”もう一度機会が与えられたなら”というジョゼフの願いは、結果的に叶うことになりましたね。

時間が戻ったのはあくまでも魔法の力ではありますが、ジョゼフの願い通り、過去に戻って再びチャンスを掴んだキイラには望んだ人生を送ってほしいです。

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ