韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ42話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第41話 第42話 第43話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【42話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

剣で伝わる気持ち

キイラが練習の相手をしてほしいということで、ジョゼフは彼女と剣を交えることになった。

最初はキイラの手の怪我を気にしていたジョゼフだが、本気で剣を振って来るキイラに、彼も快く応じる。

そして剣を交えている中でジョゼフは考えていた。

10個の言葉を交わすよりも、剣を受けるほうがより貴方を近く感じると。

自分一人だけの勘違いでなければいいのにと彼は思っているのだった。

残酷な判決

ジョゼフが部屋で一人でいると、彼の元に大急ぎでアーサーがやってきた。

アーサーの報告、それはコゼットに精霊士の力が発現したというものであり、ジョゼフは目を見開いて驚く。

それから数日が経ち、ジョゼフはキイラを励ますために部屋を訪れたが、彼女は絶望を感じているようで、何日間も飲まず食わずでいた。

どんな励ましの言葉も彼女には届かないようだが、どうか元気を出してくださいと言い残して、ジョゼフは部屋を後にする。

彼女を心配するジョゼフもアーサーも、とにかく今は信じて待つしかないと思うのだった。

しかし残酷にも待っていたのは、キイラの死刑判決だったのである。

大公への直訴

キイラの死刑判決を受けて、居ても立っても居られなかったのは、弟のジークである。彼は酷く憤っていた。

突然現れた女が公女の座を奪い、慕っている姉が偽物扱いされているのだから、我慢できないのは当然である。

ジークは父ラディックに抗議しに行こうとしていたが、ジョゼフが止めに入った。

キイラを助けたい気持ちは当然ジョゼフも同じだが、ここでジークが下手に動けば、得することはないと考えたのだ。

もし謹慎処分にでもなればキイラを救える可能性も低くなる。

閣下には自分から説得しますとジョゼフは言い、ジークはとりあえず引き下がることに。

そしてその足でジョゼフはラディック大公の部屋を訪れるのだった。

【42話】感想

この世界線ではキイラが最終的に死刑になってしまうことが分かっているだけに、ジョゼフやジークを見てると辛い気持ちになりますね。

果たしてジョゼフは大公に対して何を話すのか。キイラが過去に戻った世界ではラディックは彼女のことを大切にしていますが、こっちの世界ではどう思っているのか、気になるところです。

←前回 今回 次回→
第41話 第42話 第43話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ