韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ41話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【41話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

キイラが過去に戻る前

キイラが過去に戻る前のこと。これは騎士ジョゼフ視点の話である。

コゼットが突然パルビス家に現われてから、キイラの態度はより尖って鋭くなった。

彼の意見に耳を傾けることはなく、これまでにも増して自分の意見を押し通すようになっていたのだ。

それは紛れもなくコゼットの影響である。パルビス家に突然現れ、最初は警戒していた者たちも、徐々にコゼットを支持し始めたのだから。

そんな周囲の意見に反して、これまで公女として責務を果たしてきたのはキイラ公女様なのにとジョゼフは思っているのだった。

ジョゼフから見たキイラ

ある日ジョゼフは、一人で剣の練習をしているキイラを見かける。

剣を素振りする彼女だが、どうやら手を痛めているようで剣を落としてしまった。

ジョゼフが近づき見てみると、彼女は手を切って怪我しているではないか。

心配するジョゼフに対して、私に同情するのか!とキイラは苛立ちを見せる。

私はそんなに弱くないし助けもいらない!と言い、同情するくらいなら剣の練習の相手をしてよと要求してくる。

そんな棘のある言葉に対して、公女様が誰よりも強い人であると知っていますとジョゼフは答えると、キイラは心を落ち着かせたのか少し笑顔を見せた。

そしてジョゼフは彼女の要求に応じ、2人は剣を交えて練習を始めるのだった。

【41話】感想

前回キイラとコゼットが対面して握手したところで一段落つき、今回は過去の回想エピソードでした。キイラが過去に戻る前の話で、ジョゼフ視点から描かれています。

コゼットが現れてからより刺々しくなってしまったキイラですが、ジョゼフはそんな彼女の気持ちを理解しつつ心配しているようです。

過去に戻る前のこの世界では最終的にキイラが死んでしまうため、ジョゼフがどれほど悲しむかと思うと胸が痛くなってしまいます。

←前回 今回 次回→
第40話 第41話 第42話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ