韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ40話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第39話 第40話 第41話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【40話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

弟をなだめるキイラ

ラディックとの話を終え執務室を出たキイラ。

まさか…私の顔色をうかがっていたのか?と思った彼女だが、そんなはずはないと思い直すのだった。

そこにジークがやって来て、キイラがラディックと何を話したのか気にしているようだ。

臨時だがコゼットのことを受け入れることになったと説明すると、ジークはショックを受ける。

お姉様は心が痛いんじゃない?と彼は心配するが、大丈夫だよと微笑むキイラ。

実の娘である私はお母さんを信じる。母に姦通する相手がいたはずがない。優しくて正直な人だったから。

キイラがそのように言うが、ジークの不満はまだ収まらない様子だ。

コゼットのことを無視しよう!そうでもしないと耐えられない!と言うジークに、それだダメよとキイラは注意する。

そんなことでコゼットは自ら出て行くわけがないことをキイラは分かっていたのだ。

お姉さんのことを信じてくれるよね?それならちゃんともてなそう。お客さんだから。

キイラがそう説得すると、ジークも受け入れるのだった。

仲間たち

キイラとジークの会話を隠れて聞いていた人たちがいた。ジョゼフ、アーサー、レイナたちである。

そのことをキイラは気づいていて、もう出てきたら?と言う。

彼らはキイラのことを心配しているようで、皆優しく彼女に声をかける。

そんな優しい仲間たちに囲まれ、キイラは幸せを感じるのだった。

2人の握手

コゼットが屋敷にやってくる日。

キイラはメイドたちを連れて、自ら彼女を出迎える。

馬車が到着しコゼットが降りると、わあ!こんなに歓迎してくださるとは!と笑顔を見せた。

パルビス家はいつもお客様を歓迎するのよ。お客様の待遇を疎かにしては家門の名誉に傷がつくわ。

キイラはそう話し、コゼットのことを歓迎すると言って微笑む。

お互いに笑顔で挨拶を交わすキイラとコゼットだが、2人の関係が良いものではないはずだと分かっているメイドたちは、その2人の様子を見て青ざめているようだ。

よろしくね!キイラ、とコゼットから手を差し出し、こちらこそよろしく!コゼット、と答えるキイラ。

お互い戦うべき相手を前にして、笑顔で向かい合い、ギュッと握手を交わすのだった。

【40話】感想

ジークの不満が爆発しそうなところを、キイラはちゃんと説得してさすがですね。過去の経験も生かして感情的にはならず、コゼット相手に上手く立ち回ろうとしています。

また過去のキイラとは違い、ジョゼフたち信頼できる仲間の存在も彼女を助けてくれそうな気がします。

最後に面と向かって握手したキイラとコゼット。表面上は笑顔ですが、心の中ではバチバチという完治ですね。笑

これからの展開が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第39話 第40話 第41話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.