韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ39話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第38話 第39話 第40話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【39話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

母を信じる

ジークの誕生会に現われた女は本当に大公の娘なのだろうか。

そんな話題が屋敷中に広まり、使用人やメイドたちもコソコソ話をしている。

そしてラディックがキイラのことを呼んでいるということで、彼女は執務室に向かう。

執務室へ向かう途中、お嬢さん、大丈夫ですか?とロゼはキイラのことを気に掛けるが、私はお母さんを信じていると答えるキイラ。

母は不正を働くような人ではないから、不安には思わないと。

どうせ避けられない運命なのだから逃げはしない。彼女はそう心に決めたのだ。

連想される悪夢

ラディックは執務室で一人、考え事をしていた。

あのコゼットという娘…。計算高いバインベルク伯爵が精霊士の座のために詐欺のようなことをして危険を冒すわけがない。

ならば強い確信があるという意味だろう。

しかしコゼットが発した、”初めまして、お父様”という言葉。それはラディックが最近見る悪夢を連想させた。

そして会場でキイラに言いたいことはあるかと聞いたときの彼女の表情。

その時のキイラの意味深な表情を、ラディックは気にしているのだった。

キイラの意見

キイラがラディックの執務室を訪れる。

ラディックはお茶やケーキなどを用意して待っており、2人は早速話を始めた。

誕生会での出来事についてどう思うか意見を求めるラディックに、キイラは驚く。

私の考えを聞いているんですか!?と。

彼女もこの件の当事者だから意見を聞くのは当然だろうと言うラディックだが、キイラは意外に感じた。

あなたという人が私の意見を聞こうとするなんて…と思いながら、彼女は自身の考えを話し始める。

まず正直にあまり面白い気分ではないと言う。その件で世間から色々と言われるようになったからだ。

しかしキイラは自分の発言には慎重である。

なぜならコゼットが精霊の力を持っている以上、過去のようなことはまた起こるだろう。それが避けられないのであれば、とりあえず様子を見て監視しておくほうが良い。

彼女はそう思っているのだった。

顔色をうかがうラディック

キイラは慎重になりながらも話を続ける。

面白い気分ではないですが、しかし閣下がどんな決定をしたとしても反対しません。私は自分の母を信じています。それだけです。

そう言うキイラに、ラディックは何か戸惑った様子も見せながらしばらく黙る。

暫くしてラディックは口を開き、君がそういう意見ならとりあえずコゼットを受け入れるとバインベルク家に連絡するつもりだと言う。

その決定にも不満がないと言うキイラに、ラディックはまた驚き戸惑うのだった。

キイラは会場でのラディックの発言を思い出していた。

あなたが会場でコゼットの存在を認めなかっただけでも私にはプラスだ。不満などあるはずがない。過去と同じような展開だったら、私の地位はもっと危ういものになっていたのだから。

そのように考え、キイラはむしろ今の状態が最善だと思っていたのだ。

しかしラディックがキイラの顔色をうかがうような発言や態度を見せるため、そのことにキイラは戸惑うのだった。

【39話】感想

やはり過去のラディックとは振舞い方がだいぶ違うようですね。もしキイラがコゼットを受け入れたくないと主張したら、ラディックはどうしたのでしょうか。

またコゼットの最初の挨拶が、ラディックのキイラが処刑される悪夢を思い出させたようで、きっと時間が戻ったことにラディックも深くかかわっているのかもと感じますね。

←前回 今回 次回→
第38話 第39話 第40話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.