韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ38話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【38話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ラディックの意図とは

自分は大公閣下の娘ですと主張するコゼットに、今日はジークの誕生会だからその話をしないようにと皆の者に言うラディック。

そしてラディックはキイラに、何か言いたいことはあるか?と聞くが、彼女は一瞬戸惑いながらも、何もないと答えた。

ならば後で執務室に呼ぶと言い残して、ラディックは会場を後にした。

大公の娘だと言って現れたコゼットと連れのアイザックに噛みつくジーク。

ジークは彼らのことが酷く気に入らないようである。

またね、キイラ!と微笑むコゼットに、あなたが好きなように決められることではないよとだけ言ってキイラは立ち去る。

キイラは苛立っているジークのことをなだめながら、どうして父が過去と違う行動をしたんだろう?と考えていた。

ラディックにも過去の記憶があるのではとも考えたキイラだが、それならこんな中途半端な対応をするわけがないとも思う。

一体どういうつもりなの?と彼女は頭を悩ませるのだった。

エレズの反応

会場で一人でいるキイラの元に、エレズが現れてフランクに話しかけてくる。

ここでタメ口を使うなという目でキイラが睨むと、ひとまずエレズは言葉使いを改めてた。

エレズ曰く、ダフネは風邪を引いたから今日は来ていないのだと。

本当はエレズはこの間キイラに会った翌日にすぐ魔塔に戻る予定だったが、彼女に会ったことでまだ首都に残っているようだ。

その話を受け、ならば過去のこの時期はエレズは首都にいなかったのだろうと思うキイラ。

この人の存在が未来にどれだけ影響を及ぼすだろうか。

彼女はそんなことを考えていた。

そしてエレズが会場の雰囲気が何かおかしいようですが勘違いでしょうか?と言うと、キイラは今日突然現れたコゼットのことを指し示した。

エレズはコゼットのことを見て、目を見開き驚いている。

知っている人ですか?とキイラが聞くと、ファッションが少し変わっていて…などと言って彼は誤魔化すのだった。

魔法使いの直感

彼女は何者なのですか?とエレズが聞くと、さっき起こった出来事をキイラは説明する。

事態を把握したエレズは、精霊士は一人だけという神託があるのだからそれはありえないと主張した。

それはキイラも当然分かっていることである。

キイラが過去に戻ってくる前、コゼットのに関する情報を調べたが何も出てこなかったと言う。

コゼットは山奥に暮らしている平民夫婦が保護してくれたと主張していたが、今考えたら怪しいものだらけである。

コゼットの過去の歩みが分かればいいのだが…とキイラは悩む。

そんな中突然エレズはキイラの耳元で、これは魔法使いとしての直感なんですが…と呟く。

くすぐったいと思い、少し頬を赤らめながら、離れて下さいと言うキイラ。

エレズは彼女の耳元で何と言ったのだろうか。

続けてエレズは、とにかく気を付けてください!あの女はすごく不吉な感じがします、とキイラに忠告する。

あえてそんなこと言われなくても気を付けます。気を付けない理由がないじゃないですか。自分の立場を奪おうとする人なのだから…。

キイラはそう答えるのだった。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【38話】感想

コゼットを見たときのエレズの反応が気になりますね。普通にキイラは誤魔化されてしまいましたが。笑

エレズはキイラのことを初めて目撃した時も何かビビッと感じていたようですが、何か似たような感覚があったのでしょうか。

あとエレズがキイラの耳元で囁いた内容が気になります。魔法使いの直感で何を思ったのでしょうかね。

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.