韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ37話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【37話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

コゼットとの対面

コゼットがジークの誕生会に登場し、キイラは彼女と挨拶を交わす。

コゼットは十数年ぶりに家族に会えて嬉しいですと言うが、ジークは受け入れられないようだ。

突然現れた者が家族だというのだから拒絶するのも仕方ない。

そしてアイザックはジークの誕生日に本当の肉親をプレゼントすると言う。それがコゼットのことだ。

さらには、ああいう偽物ではなくてですね!とキイラのほうを見る。

しかしキイラは冷静であり、本当に過去と同じだね、と思い前の人生のときと比べていた。

ジークは怒り、アーサーに彼らをつまみ出すよう指示し、彼がコゼットらに触れようとすると、私は厳然たる大公家の血筋!とコゼットは声を上げる。

大公閣下が私を認めた後その無礼が許されると思いますか!と随分強気である。

そしてその場に大公のラディックが登場するのだった。

ラディックの登場

ラディックが登場すると、初めましてお父様、とコゼットが声をかける。

その言葉に驚くラディック。

コゼットは続けて、前大公妃ロエナの娘であり大公閣下の長女コゼットと申します、と挨拶をした。

周りの人々はラディックとコゼットを見比べて、確かに似ているという声が上がる。

平民として育ったはずのコゼットが、貴族たちの眼差しを平然と受け入れている態度に違和感を感じるキイラ。

本当に身分もわからないまま田舎で育ったのかも疑う必要がありそうだと彼女は感じる。

そしてエディンバラ伯爵は、大公の娘はキイラ一人だけであり、この者たちをつまみ出さなければいけないと声を荒らげた。

しかしラディックは冷静に、証明できるのか?と問うと、機会をくださったらもちろんですとコゼットは答えた。

その会話に、以前と一文字も変わっていないと感じるキイラ。

この状況はすでに経験したこと。

次の言葉は、”よし、証明しなさい。私にとって重要なことは、誰が私の実子なのかというもんだいだけだから”というラディックのである。

もう傷つくのは馬鹿らしい。そう考えていたキイラだが、今回のラディックの言葉は違ったのである。

変わった過去

もう一度言ってみろ。私に初めて行った挨拶を。

キイラの予想に反し、ラディックはそのような言葉を口にしたのだ。

その言葉に従いコゼットは、初めましてお父様、と改めて言う。

するとラディックは目を見開いて、険しくもあり何か意味深な表情を浮かべた。

コゼットが娘だとすぐに受け入れる様子のないラディックに、アイザックは少し焦ったのか横から口を挟む。

もしコゼットが本物の娘でなければ命を差し出しますと。

また反論するエディンバラ伯爵とアイザックは口論になるが、ここは息子の誕生日を祝う場だからその話はしないようにとラディックは制止する。

これは過去になかった状況ね…まさか…閣下も過去の記憶を持っているの?とキイラ思い戸惑っている。

そしてラディックは、何か言いたいことはあるか?キイラ、と彼女に声をかけるのだった。

【37話】感想

ラディックの言動が以前のものとは違いますね。確かにこれまでの話で、ラディックはキイラが処刑される悪夢を見たりしていて、過去に戻る前と何かしらのつながりを持っていそうな気はします。

それがラディックに影響しているのでしょうか。また今回のキイラの人生では、ラディックが彼女のことをすごく気にかけている描写が多くあります。

そういうところからもラディックは以前と違うように感じてしまいますね。

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.