韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ36話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【36話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ジョアンナの助けは

ジーク・パルビスの13歳の誕生日会の日。

キイラは準備をしながら、ジョアンナの家で知った精霊に関する情報について考えていた。

彼女の家で読んだ先代の精霊士の日記によって、パルビスの姉妹が触れ合うことによって能力が目覚める”共鳴”について知ったキイラ。

しかしキイラはジョアンナにそのことを伝えなかった。というよりもできなかったのかもしれない。

日記には共鳴が能力の発現に繋がるのは確かではないと記述があった。

そしてジョアンナだったらコゼットにも平等に力を吹き込むであろう。

時が戻る前にコゼットは確かに精霊の力を使うことが出来たのだから、安易にジョアンナの力を借りようとするのは得策ではないと考えたのだ。

力の開花のために女神に選ばれるのを待つしかないのはコゼットも同じなのだから。

ジークの誕生会の始まり

いよいよジークの誕生日会が始まる。

キイラとジークは着飾ったお互いの姿で対面した。

そして入場しようと言って2人は手をつなぎ、会場に入るのだった。

色んな家の貴族が彼らの元にやって来て、ジークに誕生日の祝いの言葉を投げかける。

またそこにはエディンバラ伯爵も孫の誕生日を祝いにやって来た。

そんな中突然会場がざわつき始める。どうやら久しく見かけない人物が登場したようだ。

ついに現れた2人

会場に現われたのは20年近く隠居していたアイザック・バインベルク伯爵。

そして彼に連れられたコゼット・バインベルクである。

彼らは一直線にジークの元へ向かい、お誕生日おめでとうございますと声をかける。

ジークは自身が生まれる前から隠居しているアイザックの顔など知る由もなく、どなたですかと聞く。

彼は、アイザック・バインベルク伯爵ですと名乗り、大公の前妻ロエナ・バインベルクの兄だという。

その言葉に会場中がざわついた。

子供が出来なくて追い出された元妻?一体どの面下げて現れたの?と。

そしてアイザックの後ろにはコゼット。

いよいよお出ましねと思いキイラが見つめると、コゼットはニコッと笑うのだった。

【36話】感想

ジョアンナの助けは簡単に借りれないと思ったキイラですが、確かに慎重にならざるを得ませんね。

共鳴でも力が発現する保証はないと日記にも会ったので、キイラの力は目覚めずコゼットだけ開花してしまったら事態は悪化してしまいますし。

そしてついに現れたコゼット。果たして今回の人生ではキイラは上手く立ち回ることが出来るのでしょうか。楽しみです。

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ