韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ35話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【35話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

日記の結末

キイラが呼んだパルビス家の先代が綴った日記。

その日記の主の姉妹は、身体に触れることで精霊が見えるという不思議な現象を”共鳴”と名付けた。

そして彼女たちは仮説を立てる。

妹が持っている精霊士の力が姉に吹き込まれ、それが一時的に潜在的な能力を発揮させたのではないか。

妹は使用人たちにも試してみたが、他の者では反応がなかったという。パルビスの姉妹ならでは共鳴なのだろうか。

しかし姉の能力はその時限りで、それから力が発揮することはなかった。

それから2年近くがたったある日、姉のほうも精霊を扱うという感覚がわかるようになる。その発現は前触れもなくやって来たのだ。

妹も泣いて喜んで姉妹は抱き合う。姉はそれから気後れすることなく生きることが出来たのだった。

確信するキイラ

日記の話を読んで涙するキイラ。

彼女もまたずっと不安でいたのだ。コゼットを否定しながらも、心の片隅では自分が実の娘ではないことを疑っていた。

しかしその日記を読んで確信したのである。

あの日キイラが見たのは間違いなく本当の精霊であり、自分にも精霊士の力が宿っているのだと。

そしてキイラはさらにその先まで考える。

もしあの時処刑されなければ、その後遅くなってでも精霊士の力が発現したのだろうか。

その可能性があったからコゼットは処刑の日を早めるために何か手を打ったのかもしれない。

今考えてみると、拘束されてから判決、そして死刑執行までが異常に早かったのである。

コゼットの目的と神託の謎

キイラはコゼットの目的が何なのかを考えていた。

それは母方への復讐だったのだろうか。

エディンバラ侯爵家とバインベルク伯爵家は犬猿の中で有名だが、それはバインベルク家がエディンバラ侯爵によって一瞬で没落したためである。

重要なのはコゼット・バインベルクが、エディンバラ家に恨みを抱く理由があるということ。

キイラはそう考えているのだった。

また次に神託についての疑問が浮かんでくる。

神託では次の代の精霊士はたった1人しか生まれないという話であった。

しかしコゼットと共鳴したことで自分が精霊を見ることが出来たのであれば、すなわちコゼットも本物の精霊士であるということになる。

そうなれば精霊士は2人生まれたということだ。

神託に反することが起きるなんて…。

キイラはそう思いながらいつの間にか眠りについてしまう。

ジョアンナは眠ってしまったキイラに優しく布団をかけ、微笑むのだった。

コゼット登場

ザーザーと雨が降っている夜。

どこかの屋敷の庭園で、金髪の女が傘を差しながら佇んでいる。

準備は全て終わりました、と使用人らしき人物から報告を受けるその女。

振り向くと、それはコゼットであり、彼女はニヤッと笑みを浮かべるのだった。

【35話】感想

やはりキイラは本当に精霊士の力を持っていて、パルビス家の娘だったようですね。確信が得られて良かったです。

それと同時に浮かんでくる疑問。コゼットが本当に精霊士なのであれば神託と矛盾してしまうという状況です。真相が気になってしまいます。

そして最後に登場したコゼット。そろそろキイラの前に現われる頃でしょうか。これからの展開が楽しみですね。

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ