韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ27話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

サロンを中止したい

皇女アラベラ・ディアックの元には、彼女が主催するサロンにキイラが参加するという知らせが届いた。

たしかに私が招待状送ったけど、今まで無視してたのに何で急に?と戸惑っている。

そんなアラベラに、皇子ミカエル・ディアックが助言する。

外に出てこなかった皇女が突然社交界の活動を始めるのには理由がある。だから何を企んでいるのか聞き出してみなさい。

しかしアラベラは嫌がり、サロンを中止にすると言い出した。

皇帝はパルビス家が中立な存在と信じているが、兵力を有していて注視すべき扱いづらい存在だとミカエルは考えている。

だからこそ中止するべきではないと彼は主張するのだった。

皇女のトラウマ

どうしてもサロンの開催を嫌がるアラベラ。彼女は過去に社交界でキイラに会った時に、話しかけても酷く冷ややかな対応をされたのだ。

それがトラウマのようになり、その時からアラベラはキイラと嫌っている。

しかしミカエルは、自分には普通に接してくれたと話す。

アラベラが気楽な雑談やファッションの話をしたのに対し、ミカエルは政治的な硬い話をしていたため、キイラはミカエルとのほうがまともに受け答えしたのだろう。

しかしそんなことも考えもしないキイラは、自分だけ無視されたと激昂。

キイラが皇族を見下しているのではないか、そういう疑念の確認も含めて、アラベラはサロンを中止せずに開催することを決意するのだった。

キイラの動向

ラディックはキイラの最近の行動に関してロバートから報告を受けていた。

社交界にてエディンバラ伯爵と個人的に接触。また同じ社交界でカストロ子爵家の三男エイデン・カストロのことを殴った。

その報告書を見たラディックは、少し安心したように微笑んだ。

特に変わったことはなかったようだなと。

ロバートの予想に反し、キイラがエディンバラ伯爵と会ったことについてラディックはあまり気にしていないようだ。

母方の祖父と孫娘がお互い知らんふりをするのもおかしいから普通の事だろうと。

続けてロバートは、キイラが皇女の主催するサロンに参加する予定であることを報告する。

するとラディックは、なに?と驚いた様子だ。

彼はエイデンの影響でキイラが変わったと考えていたが、エイデンと破綻したにも関わらずまだ社交界活動を続けていることに驚いたようだ。

直接話を聞かなければと思い、ラディックはキイラを呼び出すようロバートに命じるのだった。

部屋を後にするときロバートは振り向いてラディックのことを見ながら、もう少し素直になられたらいいのに、と思うのだった。

【27話】感想

皇女がキイラのことを酷く嫌がっているようですね。そのことはキイラも過去の自分の対応で何となく理解しているのでしょうか。

こんなマイナスな状態から始まって仲良くなるのは中々難易度高そうです。果たしてキイラはサロンで上手く立ち回ることが出来るのか。

ラディックがまた干渉してくる可能性がありますが、そこも上手くやり過ごせるのかも注目です。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.