韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ24話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【24話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ロエナの真相

キイラは、ロエナが子供を産めなくて追い出されたのですかとエディンバラ侯爵に質問した。

コゼットは偽物にしては父によく似ており、またパルビスならでは精霊士の力も披露したわけだが、そんな彼女がパルビスの血筋ではないということがあるのだろうか。

キイラはそう思い、真相を知るためにエディンバラ侯爵にロエナのことを聞いたのだ。

彼は、その通りだと答える。ロエナは確かに子供が産めなかったのだと。

しかし彼は何か誤魔化しているように見え、明らかに何か隠しているとキイラは感じた。

過去の人生でキイラが処刑されることになった時、エディンバラ侯爵はキイラが大公の実子であるということを必死に訴えていた。

彼女は大公を欺くような人間ではないとも主張したのだ。

血肉というだけ、何の根拠もなくあれほど擁護するわけがないとキイラは考えているのだった。

隠れ家が必要

続けてキイラは、隠れ家が必要だとエディンバラ伯爵に言う。

それは首都から遠く離れていて、彼と自分だけが知っている場所でなければいけないと。

何のために隠れ家が必要なんだ?と彼は聞くが、それはおじい様が真実を言ってくれる時に話しますと言ってキイラははぐらかす。

キイラはエディンバラ伯爵がまだ隠していることがあると踏んでいるのだ。

そしてキイラは、私たちは血を分けた家族だということを忘れないでくださいねと付け加える。

エディンバラ伯爵は何か意味ありげにニヤッと笑みを浮かべた。

近いうちにジークの誕生会があるのでまたそこで会いましょうと言い残して、キイラは立ち去るのだった。

コゼットに対処するための保険

キイラは今日エディンバラ伯爵と接触できたことに満足していた。

これで最悪の事態に対する備えは出来た。隠れ家はいわば保険であり、前の人生と同じように追い込まれてしまった時の逃げ場である。

最善なのはコゼットの正体を突き止めて処刑することだが、思い通りに事が運ぶとは限らないからと。

これで少し安心だと彼女は思っているのだった。

そんなことを考えていると、何か聞き覚えのある声が聞こえてくる。

ん?この声は?と思って見てみると、そこにいるのは友人と読書会に行っているはずのエイデンであった。

エイデンの本性

舞踏会の会場でいつものように女性に声をかけているエイデン。

それをアーサーとレイナが物陰から監視しており、この光景をキイラに見せなくてはと思う2人。

計画通りジョゼフに伝達し、彼がキイラをエイデンのところに誘導しようとするが、席に戻った時にキイラの姿はなかった。

彼女はエディンバラ伯爵に会いに行っていたからである。

エイデンが浮気男である決定的な現場を見せる絶好のチャンスなのに、肝心のキイラが見当たらないのだ。

そう思いジョゼフたちは彼女を必死に探し回ると、鬼のような形相をしている彼女を見つける。

怒りに満ちている様子の彼女が向かった先、それは女性と楽しそうにじゃれているエイデンのところであった。

ジョゼフたちに誘導されなくても、キイラは自分でエイデンを目撃したのである。

あなたがどうしてここにいるの?たしか読書会があると言ってなかったっけ?

そう問い詰めるキイラに、エイデンは青ざめるのだった。

【24話】感想

キイラとエディンバラ伯爵の間には何か駆け引きのようなものも感じますね。キイラの読み通り、エディンバラ伯爵は何か大事なことを隠しているのでしょうか。

またついにエイデンの本性が明かされることとなりました。めでたしめでたしです。笑

弄ばれてしまったキイラには、しっかりとエイデンに何かやり返してほしいところです。

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.