韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ22話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【22話】ネタバレ

ロバートの報告

ラディックの元には交通管理局から請求書が届いた。飛行船のレンタル料の請求である。

そんなものが来るはずがないから何かの間違いだろうと思ったラディックだが、ロバートは請求書が届くとキイラから伝えられており、その旨をラディックに話した。

突然飛行船をレンタル?と彼は疑問に思う。

続けてロバートは、キイラに好きな男性ができたらしく、その者と共に飛行船で時間を過ごしたという話を報告する。

その話にラディックは目を見開いて驚いた。最近キイラが普段と違うのは付き合う男ができたからなのか?

本人に確認しなければと思ったラディックは、自ら彼女の元へ向かうのだった。

その話は真実か

キイラは自分部屋でメイドたちとドレスについて雑談していた。

そんな中突然部屋に入って来たラディック。お茶でも出しましょうかと言うメイドだが、彼は表情は少し険しいようだ。

そして彼は早速飛行船の請求書の話を始める。

そんな話なら私が執務室に行きましたがと言うキイラだが、呼びかけてもすぐに来ないだろうからとラディックは答える。

キイラは、私に関心もないくせに、と心の中で思った。

またラディックは飛行船を問いただしたいわけではないと言い、付き合っている男が出来たようだな?と本題を切り出した。

途端にキイラの顔が赤くなり、まだ交際とかそういう関係じゃないから…と動揺しながら否定する。

その彼女の姿を見たラディックは、ロバートの話は真実だったのか…と思うのだった。

ラディックの心情

ラディックは、私が言おうとしているのは…と切り出すが、言いづらそうにしていてそれ以上言葉が出てこない。

どうしたんだろう?まさか難癖付けて舞踏会に参加させないんじゃ?

そう思ったキイラは、具合が悪いので一人で休みたいです!と言い、強制的に話を終わらせようとする。

最近なぜ変わったのか?

ラディックはそれを彼女に聞きたかったのだが、それを聞く資格が自分にあるのだろうかと疑問に思い、結局何も言わずに退室していくのだった。

部屋をでて一人廊下を歩くラディック。

彼は、お父さん!と言って自分について歩く幼い頃のキイラを思い浮かべ、何か気が晴れないような表情をしているのだった。

【22話】感想

キイラのことは無関心のような素振りを見せているラディックでしたが、やっぱりめちゃくちゃ関心持ってそうですね。笑

彼女の最近の変化について、すごく気にしているようです。

幼い頃のキイラを思い浮かべて、何か切なそうな表情を見せていましたが、ラディックは一体どういう心情なのでしょうか。気になるところです。

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ