韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ20話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【20話】ネタバレ

リアクションが大事

エイデンは首都で一番人気というレストランにキイラを連れてきた。

そしてその背後にはジョゼフ、アーサー、レイナ、ジークの4人がつけ、ギロッと彼らのことを監視している。

キイラはリアクションが大事だとロゼが言っていたことを思い出し、料理を頬張るや否や、と・て・も・美・味・し・い・で・す、と明らかな棒読みで言う。

もちろんキイラは大真面目だが、その反応にエイデンは違和感を感じた。

また彼女は来週水曜日の舞踏会のパーティーに誘いたく、都合を聞くが、その日はあいにく先約があると言うエイデン。

本当は他の女の相手をする予定だが、友達と読書会があるんですと答える。

キイラは残念がって、少し肩を落とすのだった。

貸し切りの飛行船

キイラが今日飛行船に乗って空から首都を眺めたいと言うと、運行時間も決まってるし搭乗口も距離があるのでとエイデンは断ろうとする。

しかしキイラは迎えに来るように飛行船を手配していた。

レストランの外には巨大な飛行船が着陸し、エイデンは信じられない出来事にただただ唖然としている。

そして2人は貸し切りの飛行船に乗り込むのだった。

エイデンはキイラのことを一体何者なんだと思っている。まさか傍系皇族だったのか!?とも。

彼は得体の知れないキイラと距離を置かないとと思い始めるが、逆にキイラは飛行船に緊張しているエイデンのことを可愛いと思い好感度が上がる。

そしてその飛行船にはもちろんこっそりとジョゼフ、アーサー、レイナ、ジークの4人が乗り込み、彼女たちのことを監視していた。

エイデンといて楽しそうに笑うキイラはを見て、なぜかジョゼフの胸はズキンと痛む。

一体なぜ…なぜこんなにも胸が…

彼はそう思っているのだった。

キイラ救出作戦

このまま黙って見ているわけにはいかないと言い出すレイナ。

来週の舞踏会でアイツの正体を公女様の目に焼き付けましょう!と提案する。

彼は性格上、他の女にもアプローチするはずだからと。

作戦はこうだ。

A、B、Cの3チームに分かれ、Aがエイデンを尾行する。

BはAの情報をCに伝える。

そしてCがキイラの移動経路をコントロールして現場を目撃させると。

一番難しいCの役割をジョゼフは買って出た。

4人は一致団結し、必ず公女様を守って見せましょう!!と声を合わせるのだった。

意を決したジョゼフ

家に帰って来たキイラ。

彼女はエイデンにも断られ、来週の舞踏会は一人で行くしかないかと肩を落としていた。

そんな彼女を出迎えたのはジョゼフである。

今日の外出はいかがでしたか?と聞くと、とても楽しかったわ!と彼女は笑顔で答えた。

そしてジョゼフはちょっと言いづらそうにしながらも、口を開く。

もしよろしければ今度の水曜日に…フランツェ侯爵夫人主催の舞踏会にご一緒していただけませんか?

彼は頬を赤らめながら、そのように誘うのだった。

【20話】感想

棒読みのリアクションだったり、飛行船を貸し切ったりと、普通ではないキイラにエイデンは結構引いてましたね。

距離を置かないとと思っていたようなので、このまま彼から姿を消してくれれば幸いです。笑

キイラは悲しむかもしれませんが。それよりも誠実そうなジョゼフの気持ちに気づいてあげて欲しいです。

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.