韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【15話】ネタバレ

時間を戻す魔法の手掛かり

キイラはとあるパーティーでショア子爵夫人と会っていた。

コゼットが登場するまであまり時間がないから、一刻も早く時間を戻す魔法の手掛かりを探さなければいけないと彼女は思っていた。

しかし昨日のラディックとのいざこざで監視の目が増え、魔塔に人を送るのも難しくなったとも。

しかし今日会っているショア子爵夫人はその手掛かりになる可能性がある。

彼女の息子には魔法に才能があり、魔塔に籠ってばかりであると。

それはキイラにとってはうってつけである。

私も最近魔法に関心を持つようになりまして…よろしかったらぜひ一度お会いしたいです。

彼女がそのように提案すると、子爵夫人も快く受け入れ、交流の場を設けると言うのだった。

絶好のチャンス

大公城に戻ったキイラの元には、メイドのエミリーがロゼに言われたという小説を渡しに来た。

彼女はキイラに対して怯えている様子である。

また近くにいる他の2人のメイドも彼女を恐れているように見えるが、キイラはその2人も呼び止めて、これは仲良くなるための絶好のチャンス!?と思うのだった。

渡された小説の内容を簡単に説明してほしいと言うキイラに、メイドの一人が概要を説明する。

平凡なメイドの主人公が皇太子殿下に出会い皇太子妃になるストーリーであると。

そしてキイラのことを羨ましいと言ってきた。本に登場するような素敵な男性といつでもお付き合いが出来るからだ。

その話にハッとするキイラ。今まで恋愛なんて興味なかったけど、考えてみたら全く別世界の話でもないじゃん。

そう思った彼女は、小説に出てくる男主人公のような男性と出会う想像をして、顔が真っ赤になるのだった。

パートナーは誰に

キイラの意外な素顔にメイドたちも緊張がほぐれたのか、会話が弾んできた。

キイラが社交界に参加すると噂を聞いたメイドは、パートナーは誰を連れて行くのかを聞いて来る。

そこでキイラはハッとした。しまった!完全に忘れてた…

誰を一緒に連れて行けばいいのだろうか。そんなことに頭を悩ませていると、背後から現れた人物、ジョゼフである。

公女様、お迎えにあがりました。

そういうジョゼフは綺麗な格好で着飾っている。そしてその後ろにはアーサーとレイナの姿も。

彼らは約束していた通り、カジノへ出発するのだった。

【15話】感想

どうやら時間を戻す魔法に関する手掛かりは、ショア子爵夫人の息子に会って何か得られないか期待したいところです。

魔塔に引きこもっている魔法が得意な人とは一体どんな人物なのでしょうか。

またキイラは騎士団だけでなく、少しずつメイドたちとも打ち解けてきました。周りからの信頼を得るのに順調ですね。

社交界に連れて行くパートナーには誰を選ぶのかは注目です。

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ