韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【14話】ネタバレ

ラディックの許可

舞踏会に参加しようと考えているキイラ。

ラディックに理由を問われると、家の中にいるのが息苦しいのだと答える。

他の貴族たちと親交を深めると面倒な憶測を生んでしまうことを彼は懸念していたが、その場合は結婚相手を探しているという口実で誤魔化せばよいとキイラは主張する。

結局お互い納得する結論にはならなかったが、ラディックはやむなく舞踏会への参加を承諾するのだった。

ただ彼はロバートに、キイラがどの舞踏会で誰と何をしたのかを監視するようにと命じるのだった。

週末はカジノへ

翌日、彼女は参加する舞踏会をフランツェ家が主催する舞踏会にしようと決めるのだった。

そして窓から外を見るとジョゼフとアーサーの姿が。

彼女は外に出て彼らに話しかけ、彼らもキイラの顔が見れて嬉しいようだ。

彼らは趣味の話になると、どうやらアーサーにはカジノでギャンブルをするという趣味があるという。

その話に驚くキイラ。さすがに彼女には過激すぎたのだろうか。

しかしアーサーも抵抗感があったが、やってみたら楽しかったのだと。

彼は週末に一緒に行きませんかとキイラを誘う。

戸惑うキイラだったが、断ってしまったら彼が傷つくと思い、一緒に行くと答えた。

そういう話になると、彼女の身の安全を守るためということでジョゼフも同行することになる。

3人は週末にカジノへ行くという約束をするのだった。

ジョゼフの優しさ

キイラは一人になった後、動揺していた。

行くって言っちゃったああ!!と。

しかし新しい世界を経験するだけなんだと自分に言い聞かし、気が引けるなら見物だけすれば問題ない!と思って心を決めるのだった。

そんな彼女の元にジョゼフが戻って来る。

どうやら先日お酒を飲んだ際に彼女がキイラが無理をしたのではと、体調を整える薬を渡してきたのだ。

ジョゼフ曰く、飲みの場ではキイラはすごく楽しそうであったと。

だから週末もきっと楽しいはずですと彼は言う。

キイラは、うん!週末もまたよろしくね!と言って笑顔を見せるのだった。

【14話】感想

これまで堅苦しかったキイラが、どんどん新たな挑戦をしていていいですね。

ジョゼフはキイラのことが好きなので、薬を渡したり週末も楽しいはずですと話しかけたり、アピールしているように見えてしまいます。

キイラの気持ちが気になるところです。

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.