韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ13話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【13話】ネタバレ

悪夢のせいか

どこかへ外出しようとしているラディック。

これまでは外出時に必ずキイラが見送りに来ていたが、彼女が最近なかなか顔を見せないことを少し気にしていた。

使用人のロバートは、キイラは忙しいのだと彼に伝える。

最近精霊のことについて調べてばかりで、一体どういうつもりなのだと思うラディックだが、次の瞬間ズキンと頭痛が襲う。

その痛みによろけて倒れそうになるラディックだが、ここ数日悪夢にうなされたせいだろうか?と思うのだった。

間違っていたのは私

キイラは、外で楽しそうにお喋りするメイドたちを、窓から見ていた。

私もいつかみんなと楽しくお喋りしたいけど、今はやっぱりまだ恥ずかしい。

コゼットはみんなとすごく打ち解けていたのになぁ…

そう思い、キイラは彼女のことを思い出していた。

メイドたちに囲まれ楽しそうにするコゼットに対し、仕事はちゃんと済ませたんでしょうね?とメイドたちにプレッシャーをかけていた自分。

私はいつも貴族の品格を保つことばかり気にしていた、と今のキイラはは思っていた。

間違っていたのはコゼットじゃなくて私だったのかな…と。

シモン・エディンバラ侯爵

キイラはある人に手紙を書いていた。それは、シモン・エディンバラ侯爵。

ジークとキイラを利用して勢力拡大をしようとしている貪欲で残酷な人だが、勘の鋭さにキイラの手紙は無視できないはずであると踏んでいた。

今やるべきことは前回のような展開に備えて強力な後ろ盾を確保すること。

そして邸宅ではラディックの監視が避けられないから、彼女は外で会いたいと考えていた。

母方に近い一族の主催する舞踏会で偶然を装って接触するのがベスト。

そういう旨をつづった手紙を、シモン・エディンバラ侯爵へ送るのだった。

また参加する舞踏会を選ぶため、自分宛てに届いている招待状を持ってくるようロゼに指示するのだった。

キイラ宛ての招待状

自分に届いた舞踏会の招待状を持ってくるよう指示していたキイラだが、彼女宛ての招待状はどうやらロバートが全て処分してしまったようだ。

それは舞踏会の招待状はいつも捨てるよう指示していたため、今回も同様かと思い捨ててしまったとのこと。

その事態に少し不機嫌になっているキイラ。

そこにラディックが現れ、まさか招待に応じるつもりか?と聞いて来る。

パルビス家のは先代から中立を守ってきており、神に選ばれた一族として無駄な政争をなるべく避ける必要があるにも関わらずだ。

一体どういうつもりだ?と聞くラディックに、キイラはきっぱりと答える。

別に大した理由ではありませんが…家にじっと閉じこもっているのに嫌気がさしたようです。

その言葉にラディックや、周りの使用人たちは驚くのだった。

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【13話】感想

この漫画の読者からしたらコゼットのほうが腹立たしいですが、メイドたちからしたらキイラのほうが煩わしかったのでしょうね。

自分のほうが間違っていたのかもと認められるキイラは、精神的に成長してそうな気がします。

舞踏会に参加するつもりだと言うキイラに対し、ラディックは一体何と言うのでしょうか。気になりますね。

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.