韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【12話】ネタバレ

恋愛小説に夢中

結局キイラはロゼから借りた小説「ステラ嬢の甘い夏休み」を朝まで寝ずに呼んでしまった。

彼女を起こしにくるロゼだが、恋愛小説を夢中で読んでしまったことが恥ずかしがったキイラはすました表情で対応する。

それでも小説に夢中になっていたことをロゼはお見通しで、彼女は笑いをこらえているのだった。

ロゼはメイドたちに、キイラが「ステラ嬢の甘い夏休み」を読んだことを話すと、メイドたちは驚いた。

お嬢様が恋愛小説を!?聖書や学術書じゃなくて??

そう思い彼女たちはざわつくのだった。

私も会話に入りたい

精霊について調べるために図書館に来たキイラは、朝までに読んだ小説のことで頭がいっぱいだった。

男主人公と女主人公のラブシーンを思い出し、彼女は顔を真っ赤になってしまう。

それでも彼女は切り替え、精霊に関する資料を探し始めた。

精霊術の唯一の継承者であるパルビス一族ですら精霊について詳しく知る者はいない。なぜならその神聖な力を研究対象にしてはいけないという神殿側の主張を受け入れたからだ。

そのため精霊に関する資料は少なく、途方に暮れるのだった。

そんなことをしていると、近くにいるメイドたちが「ステラ嬢の甘い夏休み」について話している声が聞こえる。

彼女たちが好きだったシーンについて話し、楽しく盛り上がっているようだ。

隠れてその話を聞いているキイラは、私も会話に入りたい…私も一緒におしゃべりしたい!と思ったが、パルビス家の長女としての体面を保たなきゃと葛藤している。

でもどうしても話に入りたかったキイラが顔を出すと、申し訳ございません!!ちょうど休憩時間でした!と言ってメイドたちはどこかへ行ってしまう。

素直な気持ち

一人になったキイラは落ち込んでいた。

私もあの小説が面白かったって素直に言ってたら違ってたかな?好きなものを好きだと言う勇気もないくせに、体面ばかり気にして本当に情けない…

そんなことを考えていると、たまたまロゼとすれ違う。

そしてキイラは心を決め、貸してくれた恋愛小説が面白かったこと、そして単なる恋愛小説を夢中になって読んだことが恥ずかしくて言えなかったことを打ち明けた。

その告白にロゼは、良かったです!楽しんで頂けて嬉しいです!と笑顔で答えてくれた。

そして、また次はもっと面白い小説を用意しますねと。

そうだ…私はこういう話がしたかったんだ。

そう思うキイラは、素直な気持ちを打ち明けたことで、自分の気持ちにやっと気づくことが出来たのだった。

【12話】感想

キイラがやっと自分の気持ちに正直になることが出来て、なんかホッとしてしまいます。

正直にならなかったら、これからまた自ら生きづらい人生を送ってしまったかもしれませんね。

騎士団には本当のキイラを知ってもらえましたが、メイドたちにも早く本当の彼女を知ってもらえるといいです。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ