韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ11話】実は私が本物だったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「実は私が本物だった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「実は私が本物だった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【11話】ネタバレ

未知の世界

新人騎士の歓迎会の翌日、キイラは二日酔いなのか体調が良くないようだ。

そのため彼女はその日の午後の日程を全てキャンセルした。

ロゼに身だしなみを整えてもらっていると、どうやら頼んでいた精霊に関する資料がまもなく図書館に届くという報告を受ける。

届き次第持って来てとキイラは言うのだった。

そしてキイラは不意にロゼに、好きなことを自由に出来るとしたら何がしたい?と聞くと、彼女は旅行と答える。

未知の世界を旅してみたいのだと。

キイラは費用は自分が出すからと、今度の休みに行ってくるよう言うと、ロゼは喜ぶのだった。

そしてキイラは、未知の世界と言う言葉が心に残った。

もし私がパルビス家よりも自由な家庭に生まれていたら?他の世界で生きるってどんな気分だろうか?

彼女はそう思い、一般的な貴族令嬢はどんな人生を送るのかな?とロゼにも聞いてみる。

するとロゼは、貴族令嬢が主人公の小説を読んだらどうですかと提案するのだった。

調べ事と友達作り

キイラは精霊の資料を読むと、やはり全て知っている内容であった。

近くにいる使用人のロバートに精霊を見たことがあるかと聞くと、彼はないと答えた。精霊はパルビス家の崇高な血統のみが目にすることが出来ると。

その話に、一般の人が精霊を目撃したケースがあるか調べてとキイラはロバートに頼むのだった。

そして彼女の元をアーサーが訪れる。どうやらジョゼフから預かった二日酔いに効く薬を渡しに来たのだ。

礼を言うキイラだが、彼女はちょうどいい機会だと思った。

キイラは同年代の友達を作りたいと思っており、顔の広いアーサーにコツを聞こうというのだ。

彼は、笑顔を見せることや、共通の趣味の話をすることなど、いくつかアドバイスをする。

しかし彼女は本当に好きな趣味などは思い浮かばず、ちょっと落ち込むのだった。

ロゼのお気に入りの小説

夜寝る前、ロゼは彼女のお気に入りだという小説を3冊キイラの元に持って来た。

そのうちの1冊は「ステラ嬢の甘い夏休み」。

キイラが早速読み始めると、寝る前に読むのはやめた方がいいですよとロゼは助言する。

続きが気になって徹夜してしまうからだ。

まさかそんな…と思うキイラはその小説を軽く読み始める。

純粋な恋愛かと思ったら、読み進めていくとかなりハレンチな内容ではないか。

彼女は顔を赤くし、何なの?と小説を投げ捨てる。

続きが気になるけどあんな本を読むわけには…と思うが、もう1ページだけ読んでみようかな…とぼそっと言うのだった。

【11話】感想

全体的にのほほんとした内容でしたね。友達の作り方を教えてもらったり、小説を読んだりと。笑

とりあえず精霊のことについてはロバートに頼んだりして、より詳しい情報を調べようとしているので、何か進展があると良いですね。

←前回 今回 次回→
第10話 第11話 第12話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ