韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ19話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【19話】ネタバレ

リューディガーへの疑惑

ユディットは専属メイドとしてローラを迎えることになった。

早速彼女はちょっと話がしたいと言い、ローラを席に座らせる。

ユディットが気になっていたこと。それはメイドたちがリューディガーを怖がっているのではないかということである。

昨日の出来事で、リューディガーとの話の席でお茶を注いでくれたメイドが怯えている様子だったことが気にかかっているのだ。

ストーリー展開に関わらない部分だからか原作の小説にはそのような描写はなく、メイドが怯えているというのはユディットとしては初めて知る状況である。

するとローラは説明の仕方に困りながらも、メイドたちがリューディガーと出来るだけ関わらないようにしているのは事実だと話す。

それは、過去にヴィンターバルト家を追い出されたメイドのほとんどはリューディガーの命令によるものであるため。

ヨナスとリューディガーはイケメンということもあり、メイドたちの中には自らの地位を上げようと彼らに近づく者が大勢いたという。

しかしリューディガーのほうはそのような行為を嫌っており、少しでもそのようなことをしようものなら、容赦なく屋敷を追い出したのだと。

数年後にその話が間違った形で伝わり、リューディガーと少しでも関わったら追い出されてしまうとメイドたちは勘違いしているというのだ。

だからメイドたちはなるべくリューディガーと関わらないようにしているらしい。

ユディットは、リューディガーがメイドを虐めている最低人間なのではと心配していたが、そんなことはなかったようで一安心した。

またユディットはそのような事情を教えてくれたローラに感謝し、これからもよろしくねと言うと、ローラも嬉しそうに満面の笑みで答えるのだった。

もしかしてあなたも?

その日からルカに対する後継者教育が始まったのだが、ユディットの想像もしていなかったことが起こる。

これまでろくに教育を受けたことのないはずのルカだが、あまりの出来の良さにあらゆる科目の先生から絶賛の声があがるのだ。

それは到底10歳の子供とは思えないほどであり、天才だという評価まで受けることに。

そんな状況にユディットは戸惑った。小説でのルカに天才的なキャラクターという設定はなかったはず。

むしろ原作では猛スピードで進む教育について行くことが出来ず、貴族社会の高い壁を目の当たりにすることになったのだ。

あまりにも原作のルカとは違いすぎるのである。

そして思い返してみると、これまでもルカの原作との違いに何度も違和感を感じてきた。

叔母であるユディットとエンデンで暮らし、ある日リューディガーに連れられてヴィンターバルト家へ向かう。原作と同じなのはこれだけだ。

そしてユディットはふと思った。

叔母さんはね、実は憑依したの。もしかして…あなたも?

彼女はルカを見つめながら、そのようなことを考えているのだった。

【19話】感想

これはかなり面白い展開になってきました!何となくそんな可能性も感じていましたが、ルカも憑依している疑惑が浮上しています。

子供らしくなくドレスに詳しかったり、初めて乗るはずの汽車にすまし顔で落ち着いていたり、これまでユディットが違和感を感じていた場面は多々ありました。

憑依しているとしたらそれは誰なのでしょうかね。まだ出てきていない人物か、それともすでに名前が出ている亡くなった人物の誰かか。

まだ憑依しているかも定かではありませんが、真相が明らかになるのが楽しみです。

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ