韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ18話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第17話 第18話 第19話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【18話】ネタバレ

部屋に案内されると

ヴィンターバルト城内で、ユディットとルカはそれぞれ部屋を用意されていた。

ユディットはリューディガーが、ルカは別の者が部屋に案内する。

やっと一人でゆっくりできると思ったユディットだが、リューディガーも一緒に部屋に入って来て、席にドサッと座った。

それからリューディガーがクイっと手で合図すると、メイドが慌ててやって来てお茶の準備をする。そのメイドはぶるぶると震えて何やら怯えている様子であり、ユディットはそれが少し気になった。

またリューディガーはユディットを座らせると、さっきの食事の場でソフィアも言っていた宝石の話を始める。

母に言われる前に自分のほうで用意しておくべきでしたと彼は謝って来るではないか。

そして、母が派手なものを用意するだろうか自分は日常的に見につける宝石を用意すると彼は言う。

ユディットとしてはソフィアが用意してくれる宝石だけで十分であり、その申し出を断ろうとするが、リューディガーは引き下がらない。

ヴィンターバルトは鉱山で有名な地域だから、そこの人間が宝石を1セットしか持っていないなどあり得ないのだと。

リューディガー曰く、1日3個ずつ毎日別のものを身に着けるとして、100個は宝石が必要だと話す。いざとなったら金にも変えることができるから、ぜひ貰ってほしいと。

そう言う彼の言葉に、ユディットはただただ驚いているのだった。

リューディガーが感じた喜び

宝石をプレゼントするというリューディガーの提案をユディットは断った。どんな状況であれあなたから貰った物を売れるわけがないでしょうと。

その言葉にリューディガーは目を見開いて驚く。私からのプレゼントをずっと持っているおつもりですか?と。

彼にとってはそれが嬉しかったようだ。基本的にプレゼントは義務的な行為だと感じていたリューディガーだが、ずっと持っていると言われて気持ちが良かったと言う。

この気持ちを味わうためにみんな好きな女性にプレゼントするんですねとも。

メイドたちのいる場所で何を言っているんだとユディットは唖然とした。彼と変な噂が流れては困るという思いである。

そして、自分には十分すぎるからと宝石のプレゼントの話を断ろうとするユディットだが、どうしてもということでやむなく2セットだけ受け取ることにするのだった。

疲れ切ったユディットは、一人になってからベッドに倒れこむ。

そしてその夜、彼女は宝石の悪夢を見たのだった。

メイド候補たち

翌日、ユディットの元にはヴィンターバルト家総執事長のヴィンセントがやって来た。

そして彼女に仕えるためのメイド候補を用意したと言う。

ユディットの目の前にズラッと並ぶメイドたち。彼女らはいずれもユディットの出身である南側の地域に馴染みがある者たちなのだと。その中から自由に選んでいいというのだ。

ユディットからしたら、この屋敷内ではメイドたちが皆先輩であり、正直誰が良いかなど分からなかった。

とりあえず適当に、あの茶髪の子にしますわと言うユディット。一番無難そうな子を選んだのである。

今後若奥様の身の回りの世話を担当するローラと申します!

彼女はそのように名前を名乗って挨拶するのだった。

【18話】感想

リューディガーはプレゼントしなければ気が済まないのですかね~。ソフィアもそんな感じでしたし、かなり厄介な親子です。

結局妥協点としてユディットは宝石を2セットだけ受け取ることに。ただの2セットで済めば良いですが、何かまた驚くようなことをしてきそうな気がしてなりません。

またユディットのもとにはメイド候補が用意され、彼女はローラというメイドを選びました。

一緒にいて気の休まるメイドならいいですね。リューディガーとかといる時間はだいぶ疲労がたまりそうなので。笑

←前回 今回 次回→
第17話 第18話 第19話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ