韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ20話】ジャンル、変えさせて頂きます!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ジャンル、変えさせて頂きます!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ジャンル、変えさせて頂きます!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【20話】ネタバレ

憑依の可能性

ユディットは、自分と同じようにルカも憑依したのではないかという可能性を考えていた。

しかしここが小説の世界であると知っているなら、関わりたくないはずのユディットをそばに置き、味方であるはずのリューディガーを遠ざけるのは不可解である。

かと言って、憑依したのかとルカに率直に聞くわけにもいかない。

また違和感を感じるのはルカだけではない。リューディガーもソフィアも小説での印象とは違うキャラクターであった。

キャラのイメージを作り過ぎてたのかしら…?と思うユディット。

もしくは憑依した自分が変わっているからその影響なのかもしれないとも。

知っている小説の内容と現状の違いに、ユディットは頭を悩ませるのだった。

編み物

ユディットが頭を悩ませていると、叔母さん何してるの?と勉強中のルカが話しかけてくる。

ギクッとするユディット。あ…編み物だけど…?と気まずそうに彼女は答えた。

実はユディットには何もやることが無いのだ。勉強しているルカに相手してもらうわけにもいかず、書斎には彼女の好きな小説などはなく哲学書ばかり。

リューディガーは領地を離れてから会っておらず、お茶する友達だっていないのだ。

そのため暇をつぶそうと編み物を始めたのである。

しかしユディットの編み物を見ているルカの目は哀れみそのもの。彼女の編み物が恐ろしいほど下手なのだ。

ただでさえ叔母の威厳ゼロなのに…と落ち込んでいると、メイドのローラがやって来て、編み物を丁寧に教えてくれる。

それから翌朝、中々いい出来のマフラーが仕上がった。ルカに哀れみの目で見られた悔しさのあまり、負けず嫌いが発動して恐ろしいほど上達したようである。

そのマフラーはルカにあげようと思い、どうせならルカと私のお揃いでどうかしらと楽しそうにしている。

ルカが嫌がるのは目に見えているが、地味に優しい子だからお願いすれば何とかなると思っているようだ。

そんなユディットのもとに使用人がやって来て、公爵夫人がお呼びですと伝えてくるのだった。

ソフィアからの贈り物

ソフィアから呼び出されたユディットは、パァっと光り輝く大きなダイヤのネックレスを渡された。

この間食事の時に宝石を贈ると言われていた件である。

それはヴィンターバルト鉱山で採掘される有名なダイヤモンドで、5カラットを越えるものは”氷妖精の涙”と呼ばれるのだとか。

今ユディットに渡されたものがまさにそれである。

想像以上のものを贈られてしまい、青ざめるユディット。彼女にはあまりにも重荷なのだ。

私には不釣り合いかと…と遠慮するが、当然ソフィアがプレゼントを取り下げるわけもない。

基本的にリューディガーもソフィアも自分の思う通りにプレゼントしなきゃ気が済まない人たちなので、何を言っても無駄ね…とユディットは諦めるのだった。

そのネックレスを部屋に持って帰ったユディットはそわそわしていた。

盗まれたらまずいからと思い、サッと隠す。やはり貴族家に来ても彼女の心は平民である。

もし失くしたら私の命なんかじゃ足りないよね…と思い、彼女は一人嘆いているのだった。

【20話】感想

結局ルカの憑依の可能性については疑いのまま、ユディットが頭を悩ませるだけでした。

ルカ以外にもリューディガーやソフィアも小説のキャラ設定とは違っているわけですが、全員憑依だったらカオスですね。笑

そしてユディットは約束通りソフィアからダイヤのネックレスを貰いました。約束と言うよりは一方的な押し付け感はありますが。

リューディガーからも宝石を受け取ることになっているため、またここからさらに重荷がのしかかることになりそうです。お気の毒に…。

←前回 今回 次回→
第19話 第20話 第21話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ