韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ47話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【47話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

成長したテーヴ

テーヴに買ってきたケーキを渡そうと思い訓練場を訪れたシルビアだが、彼女は見ないうちにすっかり大人びているテーヴを見て驚いた。

服をめくりあげ汗を拭いているテーヴ。男らしくなった彼の上半身を見て、シルビアは照れて顔を真っ赤にする。

動揺した彼女は、また後で来ようと思って引き返そうとすると、躓いて転びそうになってしまう。

そんな彼女をすかさずテーヴが支えて助ける。

彼に肩をグッと抱かれて、シルビアはますます動揺するのだった。

恥ずかしさから、とりあえずケーキだけ渡してさっさと帰りたいシルビアは、護衛騎士の訓練はあんまり無理しないでね!と言い残して立ち去ろうとした。

その言葉にテーヴは納得いかなかったのか、彼女のことを呼び止める。僕に期待していないの?と。

彼はシルビアが全然自分を頼りにしてくれないことにもどかしさを感じていたようだ。今回も用件だけ告げて彼女は目も合わせずに帰ろうとしてしまっているのである。

ただ彼女が恥ずかしさですぐに帰ろうとしたということなど、テーヴは知る由もなく、勘違いしてしまったようだ。

僕を捨てないでね…!と彼は切ない表情を浮かべると、そんなはずないじゃないか!とシルビアは答えた。

たしかに最近忙しくて会いに来ていないのは事実だが、テーヴのことは信じてずっと待っている。

彼女はその気持ちをハッキリとテーヴに伝えた。

その言葉を聞いたテーヴは安心したのか、会いたかったよシルビア!と言って微笑む。

私も会いたかったよテーヴ!と彼女も満面の笑みで応えるのだった。

久々のシルピード召喚

部屋に戻ったシルビアは、久しぶりにシルピードを召喚することにした。

もうコアはマナで満たされていて、やっと彼を呼ぶことが出来るのである。

しかし久しぶりに出てきたシルピードは、なんだかムスッとして怒っている様子。ずっと呼び出されなかったことに拗ねているようだ。

シルビアはエイリンを助けた日以来マナが枯渇してしまって召喚できなかったという事情を説明する。

自分が持っていたマナが足りなかったからと少し自分を責めている様子のシルビアだが、そんな彼女をシルピードは慰める。

彼は精霊王であり、そんな彼と契約を結んだのはシルビアが2人目だ。現在生きている人ではこの世で唯一の存在である。

そんなことを説明しながらも、シルピードはふと思った。

いや、もしかたら…2人目ではかもしれない。君は僕に…

彼は意味深な様子でそう思っているのだった。

お前は私の主人になるほど強いしこれからもっと強くなるだろう!とシルピードが言うと、シルビアは少し嬉しそうにしてお礼を言う。

それからシルビアは、今日は一緒に練習したいことがあるからとシルピードを外に連れ出すのだった。

弓矢の練習

シルビアがやりたいのは弓矢の練習。今度の狩猟大会で使うからだ。

自分が矢を放ったら、シルピードがその矢を標的に当たるように操作してほしいと彼女は要求する。

そしてひとまず近くにある木に的を描き、それに狙ってみようということに。

大したことなさそうだな!と自信の表情を見せるシルピード。

それからシルビアが弓矢を構え、ビュンっと矢を放って放った。

するとその矢はグングンと勢いを増していき、すごい威力で標的に命中するではないか。

あまりの威力に、ちょっと待って…シルピードさん…?とシルビアは困惑するのであった。

【47話】感想

しばらくシルビアと合わないうちに大人っぽくなっていたテーヴですが、彼は捨てられてしまうのではないかと不安を感じていたのですね。健気で胸が痛くなってしまいます…。

そんなことはないよとシルビアははっきり伝え、彼は笑顔を取り戻していました。早く彼が立派な騎士になる姿が見たいですね。

そして久々のシルピード召喚。狩猟大会に向けて弓矢の練習をしていましたが、その威力は半端なさそうです。

まあ精霊王がいたら負けるわけないですよね…。狩猟大会がどうなるのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ