韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ36話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【36話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

シルピードの望み

シルビアに任された仕事を終えたシルピードは、約束通り俺が望むことをしようか?と言ってニヤリと笑う。

彼がやりたかったこと、それは食べることだ。

街中で色んな食べ物を買って回り、幸せそうに食べるシルピード。やっぱり食べることは最高の楽しみだな!!といって彼ははしゃいでいる。

そんな彼を見て、こんなに喜ぶと知ってたらもっと早く来たのにとシルビアは笑っていた。

シルピードはたまたま見かけたコーヒーに興味を持った。

そんな時ふとシルビアは、4年後に人気を集めた独特な飲み物のことが頭に思い浮かぶ。

しかし前のシルビアはその飲み物に興味が無かったようで、詳しい記憶はなかった。

そんな考えごとをしているシルビアの横で、シルピードはコーヒーを興味津々に見つめており、2人はその店で飲むことに。

コーヒーは美味しいよと言うシルビアの言葉を受け、シルピードは意気込んで飲んでみる。

しかし彼にとってコーヒーは苦く、口には合わないかったようだ。

前の契約者

コーヒーを飲みながら会話する中で、シルビアはシルピードに以前にも契約者がいたことを知った。

精霊王は誰にも召喚されたことがないものだとシルビアは思っていたが、どうやらそうではないらしい。

食べることの喜びは前の契約者が教えてくれたのだと言う。それ以外にも多くのことを教えられたのだと。

シルビアは何だか変な気分になった。嫉妬ではないだろうが、自分以外にも契約者がいたことに複雑な気持ちになるのだった。

部屋に戻ると

シルピードとの食べ歩きから帰り、自分の部屋に戻ってきたシルビア。

情報屋ギルドから受け取った2つの玉は誰にも見つからないように隠しておかないとと思い、机の引き出しを開けると、彼女は違和感を感じた。

引き出しの中が最後に見た時と違う状態になっているではないか。

一番奥に隠しておいたアカデミーの入学願書のコピーが手前まで来ている。まるで誰かが触り、片付けたかのような状態である。

その時何やらガタっと音が聞こえる。部屋の外には誰かいるようだ。

緊張感が走り、ドアのほうを見ると部屋に入って来たのはエイリンである。

お姉様!と彼女は笑顔で入って来るのだった。

【36話】感想

シルピードの望みが食べることとは、そんなことで喜ぶならシルビアも苦労しないですね。笑

話の中で出てきたシルピードの前の契約者とは一体誰なのか気になります。意外とシルビアと関係がある人だったりしそうな気もしますが。

また4年後に流行った飲み物の話がありましたが、伏線感がかなりありますね。またストーリーに絡んできそうです。

今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ